理想の家づくりを目指して


家づくりの理想の在り方をいつも考えている。


システムとしての叩き台を提示し、それに応じる建主と建築家と工務店を見つめ、より理想と思える方向に一

歩踏み出す。この十数年、ずっとそれを繰り返している。


これは、マーケティングに他ならない。

B&Dというビルダーとしての工務店とデザイナーとしての建築家の新しい連携方法や、信州の木を使った骨

太のパッシブハウスは、そのプロセスの一つだ。


f0168167_146634.jpg



昨日は、建築士にして工務店の二代目を目指す若者とB&Dについて議論した。

設計者としての思いと施工者としての思いを熱く語る彼に僕は心の中で感謝しつつ、熱くマーケティングした。



本音で語り合う場からしか本物は生まれない。


今度の日曜日、建主を交え、理想的なおB&Dを目指した新しい家づくりがスタートする。

それは限りなく建築家コースに近いB&Dになる予感がする。


すべては、建主のいい家づくりのため、理想的な家づくり発見のためだ。

チャレンジなくしてイノベーションなし!


みんな一つのテーブルに向かい合うチーム制の家づくりを進めたい!


f0168167_14223970.jpg

by yawaraka-house | 2012-01-26 13:55 | やわらかな家づくり