豊かな選択肢/いい家づくり100選 -2- 「起業する家づくり」が増えてきた

◎「基礎知識」編

<家づくりを楽しもう>

・「起業する家づくり」が増えてきた
 

家づくりは、人生最大の投資である。たいがいの人は一生に一度だけしか、その投資のチャンスに恵まれるこ

とはない。だから、よく考えた方がいい。その家づくりは自分の財産を投資するのに値するのか否かということ

を。



f0168167_16335672.jpg




僕の観たところ、たいがいの日本人は性善説を信じていて、流行に流される気質を持ち合わせており、その結

果、安易に家づくりの選択肢をチョイスする傾向が強い。テレビコマーシャルが「外張り断熱」と連呼すれば

「外張り断熱の家がいい」と思い込み、「制震の時代」と言えば「そうか、これからは制震なんだ」と素直に頷く。
 

しかし、よく考えた方がいい。シャンプーやジャガイモならいざ知らず、一生に一度の家づくりなのだ。いやい

や、シャンプーやジャガイモだって、美容や健康に対する投資なのだから、ちゃんと考えた方がいいに決まっ

ている。ただし、シャンプーと家とでは、投資する金額が違い過ぎる。かたや数百円、かたや数千万円だ。



f0168167_16411696.jpg

 


家づくりを投資として考えた場合、当然ながら「利益を生む方法」を家に付加するという考え方ができる。俯瞰

すれば、最適な住宅ローンを組むという選択肢もまた、そのチョイス次第では、支払わなくていいはずの金利

分を預貯金に回せるのだから「利益を生む方法」と言えるだろう。しかし最近では、明らかに住宅の空間その

ものに「利益を生む方法」を付加した家づくりが増えてきたように思う。それが、「起業する家づくり」だ。


f0168167_16425016.jpg



起業する職種が、時代を映している。起業するのは多くの場合はその家の奥様で、従ってその内容もはっき

言って女性ならではのことが多い。カフェやパン教室、料理教室、ヨガ教室・・・・。いずれも家の一室を使って

の起業となる。以前から開いていた書道教室のために和室を玄関横に設けた事例もあった。また最近は、ヨ

ガではなくピラティス教室のことも多い。


f0168167_16383641.jpg

 

◎◎教室と、自分の持つ技能が元手だからほとんどの場合は、大規模な設備投資は必要としない。使い勝手

のいい空間があれば、それでいいのだ。その空間から月に数万円の利益が上がれば、返済が楽になる。もっ

と積極的になれば、繰り越し返済もできるし、立派なビジネスにもなるだろう。
 

この「起業する家づくり」。なにも昨今始まったというわけではない。僕の小学生時代にも自宅の一階を広い土

間にして、そこでかき氷屋さんを開業した小母さんが居た。堤田さんという母の友達で、夏休みの午後には直

射日光から逃れるようにそのお店によく駆け込んだものだった。ふっと頭をよぎるのは、かき氷が土間に落ち

ていく映像。堤田さんは、「気にせんでいいよ」とタダでかき氷をサービスしてくれた。自宅の横にあった永山商

店も、よくよく考えてみれば、自宅の一角を駄菓子屋にしたに過ぎない程度のお店だった。小さな空間には、

小さな駄菓子たちや籤付きのゴム風船が所狭しと陳列されていたっけ。学校から帰ると僕たちは、5円硬貨を

握りしめて永山商店に行ったものだ。5円で10個の「すずめの玉子」が買えた。永山のおばあちゃんが瓶に

入った「すずめの玉子」を金属のしゃもじですくいあげ、薄茶色の油紙でできた小さな袋に入れてくれた。
 
かき氷屋は、冬にはお好み焼き屋になり、次の夏にはまたかき氷屋になったが、いつの間にか店じまいをして

しまった。永山商店は、祖母と同い年の永山さんが亡くなるまで営業を続けていた。


f0168167_16455199.jpg

 

昔の「起業する家づくり」は、明らかに「生計」の匂いがしたが、近ごろの「起業」には、「ライフスタイル」の気配

がする。昔はきっと、「内助の功」という感じが強かったんだろう。しかし今も昔も共通しているのは、そこには

元気な女性たちの、素敵な笑顔が輝いているということだ。それは人を呼び、家族の幸福を呼ぶ。
 

プロトハウス事務局では、そんな「起業する家づくり」の事例が増えてきた。いつかそんな起業家たちに全員

集まっていただき、楽しいフリーマーケットでも開催しよう!


f0168167_1649264.jpg

by yawaraka-house | 2012-05-31 18:08 | 豊かな選択肢/いい家づくり100選