黒姫山に行ってきました。


信州の黒姫山に行ってきました。

地域型仮設住宅をつくるNPO法人の理事にC.Wニコルさんに

ご参加いただくために、同法人の理事長を務めていただく橋本大二郎さんと

ともにうかがったのです。


f0168167_18362625.jpg



ニコルさんは、アファンの森財団を運営されていて、1時間ほどをかけ、

そのアファンの森をご案内していただきました。

ニコルさんが黒姫山に住んでいることは知っていたのですが、

実際にどのような活動をされているのかを知ったのは今回が初めて。


ニコルさんは、荒れ果てた森を自分たちの手で自然の姿にトラストされていたのです。

こちらの森には、なんとチャールズ皇太子もいらっしゃったのだそうです。

『森は蘇る!』この意志で活動されているニコルさんの元に、

東松山市からも相談があり、その森の再生にも力を発揮されるということです。


東日本大震災で被災した子どもたちを受け入れ、その傷んだ心が

森の力で再生していくお話をしてくれたニコルさん。

大きな優しいクマさんのような印象を抱きました。


「ある人が聞いたんだ。人間と熊、どっちが大切かって。僕はすぐにこう答えた。

もちろん熊に決まってるでしょ! だって人間はいっぱいいるじゃない!」

そうお話されるニコルさんと一緒に森を歩いていくと、

そこには大きなミズナラの木が!

その木はアファンの森の中でも一番のパワースポットということで、

しばし、脱力して森林浴を愉しみました。


f0168167_18371257.jpg



ニコルさんは、小規模林業の新しい形にも精通されていて

馬を使ったホースロギング(馬搬/ばはん)という方法についても教えていただきました。


アファンの森財団の象徴とも言えるネイチャーセンターでミーティングを行い、

NPO法人の理事就任もご承諾をいただきました。

ネイチャーセンターにはニコルさん専用(?)の厨房があって

「これは炭で調理できるコンロね」とやや自慢げのニコルさん!


f0168167_18374334.jpg



アファンの森財団は、会員の年会費や寄附によって運営されています。

森そのものは、荒廃するのを避けるためにすべてのビジターを受け入れてはいません。

屋久島でも最近は定期観光船の乗組み定員を少なくしていますが、ビジターの

数を制限しないと、どうしても自然は荒廃するのだそうです。

(アファンの森財団の活動についてはこちら(http://www.afan.or.jp)をご覧ください。)


NPO法人の活動は、林業再生と国土防災を連携させながら、

地域型仮設住宅を地域住民参加によるワークショップで開発しようというもの。

その活動へ向けて、心強い仲間を得ることができました。

by yawaraka-house | 2012-06-28 18:23 | やわらかな家づくり