ロジャー・コールマンさんのトークセッション

先日、九州大学でロジャー・コールマンさんのトークセッションに

参加してきました。

ロジャーさんは、「インクルーシブデザイン」という表現の発案者です。

英国のロイヤルカレッジオブアート・ヘレンハムリンセンターの教授でしたが

現在は退官されています。

この日は、九州大学平井研究室でのトークセッションです。

f0168167_11513117.jpg


中央の方がロジャーさん、隣が平井先生、その隣が私です。

トークの中では、ロジャーさんの初期の活動がアートからムーブメントへと

変化していき、そのプロセスの中で地域の家や新聞を地域の人々と

ともに造っていったという件があり、「ジョイナーに習いに行った」

のだとおっしゃいました。そのジョイナーとは大工のことであり、

後でした立ち話で「大工仕事の中でもジョイントをいかに造るかは大切な

ポイントなのだ」と話され、私も今進めているNPO活動で用いる

「木材をいかにつなげるかという構造=ジョイント」のことをお話し、

国は変われど、大切なポイントは同じなのだと思いました。

ロジャーさんが活躍しはじめたのは1980年。まだユニバーサルデザイン

という概念が成立していなかった頃です。

そんな状況の中で、新しいデザイン活動への興味をいかに喚起していくか

が課題だったそうですが、いつもユーザーとともに考えることに重きを

置いていたそうです。

それが意味することは何か、社会に対してどういう意味があるか?

常にオープンな質問をすることの大切さ。

正しい質問。本当の課題を考えること。そしてリサーチクエスチョン。

デザインにとっては、リサーチすることはとても大切なことだと

ロジャーさんは、笑いながらも真剣に語りました。

また、全体のプロセスを理解しながらシンプルな問題を発見することの

大切さも教えていただきました。

                         プロトハウス事務局

by yawaraka-house | 2012-10-25 12:10 | インクルーシブデザイン