Forest Barn FLAT間もなく完成

「パッシブ+デザイン」を基本コンセプトとするForest Barnの

平屋のモデルプランFLATが間もなく完成します。

f0168167_15173549.jpg


これは横から観たFLAT。

なかなか思い切った木の外観です。

外壁材は耐候性に優れた信州カラマツ。その上にクリア塗装をしています。

モダンで山荘風でもあります。モダンウッドハウス!という呼び方もいいかも。

もうすぐデッキも施工しますが、

次の写真はその施工前の準備を初めているところ。

f0168167_15294760.jpg

f0168167_1529106.jpg


そしてこちらがガラスを収める前の木製建具。

この部分にはフィックスガラスをはめ込み、中央部の建具は

引き戸になります。大型の建具なので、その大開口から得られるビューもビッグ!

目の前の田園風景が、目にやさしく飛び込んでくるはずです。

f0168167_15333458.jpg


こうやって少しずつですが、完成へ向けてForest Barnの家づくりが

進んでいます。オープンハウスは6月29日(土)30日(日)。

場所は、九州自動車道小郡インターからすぐです。

これからの「パッシブ+デザイン」の家づくりに興味のある方には

ぜひご覧いただきたいと思います。

このForest Barnブランドは、元々は林野庁の補助事業として、地域材を

使った地域型住宅を考察したのがスタートですが、その後、国土交通省の

地域型住宅ブランド化事業にも採択されました。

400棟を超える建築家住宅をコーディネートしてきたプロトハウス事務局では、

建築家が提案するデザイン性を生かしながら、そこに安心できる居住性を

プラスしたくてこのブランド化を推進しています。

地球温暖化が進む中、住宅に省エネ性能が求められるこれからの時代は、

パッシブ性が確保されているのが当然と考えていますが、

そこに「クールな高気密の数値のみではない」亜熱帯化する日本ならではの

調湿性能を付加した、より五感の満足度を高めてくれる『気持ちよさ』を

プラスした壁の在り方を確立したい、というのがこのブランドのコアな考え。

それを理解した上で、賛同する建築家たちには住宅のカタチをデザインして

いってほしいと思っています。





プロトハウス事務局

by yawaraka-house | 2013-06-12 15:46 | やわらかな家づくり