+ クリエイティブ

8月19日から信州を訪れ、私が事務局長を務めるNPO法人で開発を

コーディネートしているピースハウスの工法に関する試験を行ってきました。

f0168167_13444652.jpg

f0168167_13442523.jpg

f0168167_1344364.jpg


直径36ミリのメープル製の丸ダボを全乾状態にして

現場にてヒノキ材の36ミリ穴に打ち込み、それを引き抜いて

どれくらいの引抜き力が出るかを実験したのです。湿気を吸って丸ダボは

直径36ミリから直径36.5ミリほどに膨張し、当然ながらそこに摩擦力が生

じます。この引抜き力、なんと1トン!!!でした。

数値はすべてデータとして記録され、今後の成果発表で生かされます。

この工法の設計を行った建築家・長谷川順持氏も(そしてスタッフも)、

NPO事務局長の私も、試験を実施していただいた長野県林業総合センターの

S技師も、これほどの引抜き力が確認できるとは想定していなかったので、

今更ながら、このプロジェクトの意義を強く感じるとともに、ダボ工法の

可能性の豊かさを再確認しました!

さあ、工法への信頼性が確認できたところで、9月から10月にかけて、

いよいよ現場での組立てが行われます。工程につきましては、

間もなくご案内致しますので、ボランティアでのご参加を

ご希望の方は、ぜひお気軽にご参加をお願い致します。

f0168167_1352436.jpg

f0168167_1353697.jpg

f0168167_13532423.jpg

f0168167_13542223.jpg


そして、このプロジェクトで使用する木曽ヒノキが生産される森や、それを

材料として小径木が加工される工場も見学。ますます意欲が湧いてきました。

今回の信州行では、このピースハウスのプロジェクトの他に、現在進めて

いる信州発の木材商品企画の打ち合わせも行いました。

その一環として、伊那市の有賀建具さんも訪問。

いつも温和な有賀社長の笑顔と豊かな森の恵みを拝見しながら

新たな構想を胸に抱きました。

f0168167_13575534.jpg

f0168167_13583267.jpg

この建具すごいでしょう! あまり知られていない樹種を豊かに用い

オリジナルなドアを製作しています。ここでは、無垢の丸テーブルを

独自に開発する打ち合わせを行いました。これはフォレストバーンブランドでもあり

信州発の木材商品企画とも重なり合うものとなりそうです。

このような活動をしていて、最近解ってきたことがあります。

弊社は、家づくりでもリノベーションでもまた商品企画でも、すべてクリエイティブの

視点で新たにイノベーションしようとしているのだということです。

元々が企画制作会社だから、「クリエイティブ」を当然のことのように考えていた

のですが、これって、実は他の建築プロデュース会社にはないユニークな

視点なのですね。そこで、8月が弊社の決算月ということもあって、

来期の明快なコンセプトとして『+ クリエイティブ』を掲げていきたいと考えています。

『家づくり+ クリエイティブ』、

『スペース+ クリエイティブ』、

『ウッド+ クリエイティブ』などと考えていくと、さらに視界良好となり、

新たなアイデアが沸々としてきます。

それらの新しいアイデアや活動を自分の中に含んで(インクルード)いくと、

より豊かな選択肢へと思考が広がっていくのを実感できます。

「豊かな選択肢」を、『クリエイティブ チョイス』と言っても

いいような気がしてきます。

つまり『創造的な選択肢』ですが、それこそが家づくりの新たな境地を開いて

いくように感じます。



プロトハウス事務局

by yawaraka-house | 2013-08-28 14:17 | やわらかな家づくり