カテゴリ:未分類( 345 )

ユーザー参加型家づくりが増えてきた

建主の満足度は、どこに在るのか? 僕らは、ずっとその答えを探している。建主と

言っても、多種多様だ。「基本的には住めればいい。大切なのは、ある程度の広さと

機能のある住宅が幾らで建つかだ」と、商品を金銭感覚で見定めるように〝家を買う

〟人もいれば、「できればデザインと居住性能が両立した家を建てたい」と、自分の

理想の家を追求したいと願う人もいる。この前者と後者が、夫婦のこともある。夫婦

は元々は赤の他人。価値観だって、基本的には異なるケースが多い。面白いのは、こ

のような夫婦のケースで、前者が後者に〝成長していく〟ことがしばしばあることだ。

最初は他人事のような話だった「建築家にデザインを依頼する」ということが、実際

に建築家に会ってプロジェクトが進行しはじめると、自分たちの思いがデザインされ

ていくことに次第に興味が湧き、楽しくなっていくのだ。態度は以前のまま〝しぶし

ぶ〟なのに、建築家がデザインした図面を見る体が前傾姿勢になっている建主を見る

とき、僕は心がウキウキしてくる。「あっ、スイッチが入ったな」と僕は得心する。

最近、「自分の家のデザインを自分で行いたい」と願い出る建主の家づくりが2例同

時に進んでいる。一つは、設計経験のあるセミプロで、一つは設計に興味のある素人。

いずれも、最初から「自分で基本図面を描きたいのですが、その後の実施図面と設計

監理をお願いできる建築家の方がいらっしゃるでしょうか?」という依頼内容だった。

建築家の多くは、自分が設計した建物を自分の作品と思っていて、すべての図面を自

分で描きたいと考えているし、しかもその中でも一番大切な基本図面を建主に描いて

もらうことを快く受け入れるケースは少ない、と前置きした後で、僕は「そういうこ

とに対応してくれる建築家もいます」と答えた。実際に数名の顔が思い浮かんだから

だが、心の片隅で「そうだな、こんな思いを抱いている建主も少なくないのだろう」
と確信していた。

このような「自分の家のデザインを自分で行いたい」という建主との家づくりを「ユー

ザー参加型家づくり」と、僕らは呼んでいる。絵心のある人の多くは、こんな風に、

「自分の家はこんなデザインがいいなあ」と想像していたとしてもちっとも不思議な

ことではない。

このようなケースでは、作品テイストや設計ポリシーが〝ある一定の評価を受けてい

る〟建築家とのコラボレーションは難しい。そのような建築家は、こんなケースには

〝自分に設計依頼する意味がない〟と感じるからだ。オリジナルの想像こそが自分の

存在理由である、とその建築家は考える。では、どんな建築家と相性がいいのかと言

うと、建主が描きたがっている基本図面の中には自分には思いつかないアイデアやヒ

ントがいっぱい詰まっていると素直に感じるピュアな精神の持ち主である建築家とな

らば上手く事が運ぶだろう、と僕は感じている。もちろん、夢と現実との間を几帳面

なラインで描き図面を作成していくスキルがないことには話にならない。つまり、建

築士としての正確な技能が必要なのは当然。その上で、建主の求める感性を敏感に感

じ取り、それが施工に反映するように設計監理をするセンスが求められる。

「自分の家のデザインを自分で行いたい」と願う建主は、これからますます増えてい

くことだろう。なぜなら、自分らしい暮しを実現したいと願う建主は確実に増えてい

るし、そんな人は「自分でデザインする」ことが、自分の満足度に直結していること

を、よく理解しているからだ。

このようなユーザー参加型デザインを実現する方法の一つにワークショップがある。

心を真っ白にして、その上に自分たちの本当の願いやニーズを発見し組み上げていく

には、日常とは違った視点で、心を開放し、深層心理を探る必要があるからだ。これ

は僕がアドバイザーとして参加しているインクルーシブデザイン研究所が基本的に用

いる方法なので、これまでに何度もワークショップを伴った家づくりを実現してきた。

ワークショップでは、建主は素人なりに図面を描き住宅の模型を造ることになる。あ

まり仲が良さそうには見えないご夫婦も、一つの模型を造るために〝しぶしぶ〟な感

じで作業に没頭し、最後には二人の作品である我家住宅作品の模型やコンセプトシー

トを前にして、やや緊張ぎみに見事なプレゼンテーションを行う。僕は、そんなご夫

婦を何組も見てきた。

残念なことは、まだこんな建主主義のユーザー参加型家づくりに積極的に取組む建築

家が少ないことだが、それでも、現在進行している二組の家づくりがそうであるよう

に、きちんと応えてくれる建築家も存在する。こんなときに我々家づくりコーディネー

ターが肝に銘じなければならないのは、家づくりの方法はまさに多様性の中にあると

いうこと。建主の思いを実現する方法も多彩でいいのだ、ということだ。

建主の満足度は、どこに在るのか? その答えの一つが、ユーザー参加型家づくりだ。

自分でデザインするのだから、どんな形になろうが愛着が湧く。もちろん、セミプロ

であろうが素人であろうが、一般的な建主は、住宅の温熱環境の造り方や安心な構造

を構築するにはどうすればいいのかなど、住宅の基本とも言える要素に関してはそれ

ほど多くの知識も、ましてや経験など持ち合わせてはいない。そこで建築家や、我々

家づくりコーディネーターの豊かなアドバイスが必要になってくる。プロトハウス事

務局では、このようなユーザーからの質問、大歓迎!!きらりと煌めく建主のアイデ

アに、ぜひ出会いたい。

by yawaraka-house | 2012-07-20 14:31

豊かな選択肢


家づくりは一生に一度のことです、とよく言う。お金がかかることだから、確かに何度でも経験はできない。そ

の経験を何度もする人のことを、昔から家道楽と呼ぶくらいだ。


僕はこれまでに400棟ほどの住宅を建ててきた。ほとんどが建築家がデザインした個人住宅だ。もちろん、

僕の自宅ではない。が、そこにはいつも自宅を建てるようなワクワクする思いが立ちあがっていた。それぞれ

の建主の事情を追体験しながら、ニュートラルな思いで各々の家づくりに立ちあってきた。その意味で僕は何

百回と家を建ててきた家道楽なのだと思う。


f0168167_15412273.jpg



そこにはいつも、希望と課題があった。これを優先すれば、それが実現できない。それを適えるためには、こ

れを犠牲にしなければならない。どんなに予算のある家づくりでも、やはり必ず、何かを選択する場面が出て

くるのだ。だから最近はいつも、最初の最初に、建主に対して、やがて訪れるその選択の瞬間について、事前

通知をするようにしている。


しかし、この家づくりコーディネートという仕事をするようになった最初の頃は、その提示が薄かった。なにしろ

その頃の僕は建築家パーウェクトと思ってていて、彼らの多くが提案する住宅のプランの第一回目のプレゼ

ンテーションの見積もりが、平気で目標予算と1000万円以上もかけ離れていることが多々あることなんてこ

とは知らなかった。


建築家はもとより、工務店も、僕にそんな傾向があることについて事前通知してくれなかった。要は学習が必

要だったわけだ。それは、なにも予算だけに限った話ではなかった。僕はやがて、構造や温熱、間取りや図

面、外壁や床、外と内の関係、土地の可能性等など、あらゆる事柄に関しての学習の必要性を、痛感するこ

とになっていったのだ。


f0168167_154357100.jpg



家は、世の中で最も総合的な物体である。皿やボールペンやメガネのように単一かそれに近いシンプルな目

的を持ったプロダクトではない。車ほどにコンパクトでもない。車でさえ外観や室内空間があり燃費を司るエン

ジンがあるが、家はその何倍もの要素を含んでいる。だからこそ、自分の好きな家を一発で想像しなさいと言

われても、それを容易にできる人は少ない。あまりに総合的過ぎて、一発で頭の中に想像するほど一面的で

はないのだ。


そこに来て、自分ちを建てる幸運に恵まれるのは「一生に一度のこと」なのだから、いざ家づくりがスタートとい

う段階になってはじめて、大概の人は慌てて建築雑誌を読みかじり、断片的な知識で武装しようとする。ところ

が、残念なことに、家づくりは何度も経験をしないと実感を伴って「相対的な本当のことが解らない」と来てい

る。


f0168167_15472758.jpg



そこで、これからこのコラムの中で、僕が今までに得てきたいい家づくりのコツを100選しー「豊かな選択肢

100選」ー
としてご案内したいと思う。それは、読者の家づくりを、一度きりの人生において必ずや

有意義な道へとつなげていく「豊かな選択肢」となるものでなければならない。


僕の父は教育者だった。僕は見事にその血を受け継いでいるので、その言葉はどこかしら説教臭いと妻から

もよく言われる。上記の文章にしたところで、やや真面目過ぎるきらいがある。まあ最近では自分でもそのこと

を意識しているので(日々成長!)、読者が退屈しないように多少のユーモアを交えながら語り伝えたいと思

う。


偉そうなヤツやなあと思われた方にはご勘弁願いたい。そんなこと知っますーという情報もあるはずだ。確か

に技術の進歩は凄まじい!例えば僕が知っている温熱の造り方やその基本となる断熱材の種類や性能につ

いても、もっと最新の情報を得ている読者が居ても不思議ではない。もし読者がそんな情報を知っていたら、

ぜひメールででも僕に教えてほしい。


僕はいい家づくりのためならば何でも学習したいと思っている。自分だけが正しいなんて、これっぽっちも思っ

ていない。住宅は車よりも総合的な物体だ。車でさえ日々新たなデザイン、エンジンの改良が行われ、最近で

は電気自動車まで登場した。住宅も然り。さらに総合性が高いだけに、より複雑な過程を経た先に、その可能

性は多様化していく。


答えは一つではない。百人の建主が居れば、その家も百通り。その家づくりのプロセスも同じなのだと思う。

この豊かな選択肢を読んだ読者が、自分にとって、本当に満足度の高い家づくりの道へと一歩を踏み出され

んことを願っている。


           ● プロトハウスのホームページ 
            ● 「心地いい」「気持ちいい」「質がいい」家づくり
            ● 家づくり相性診断   
            ☆ お気軽にご相談ください ♪

by yawaraka-house | 2012-05-14 15:06

創りたい家

マルタのやさしい刺繍』という映画を観ました。

これは非常にいい映画ですね。何よりも諦めない気持ちをしっかりと

持たせてくれるところが素晴らしい。

高齢化社会とコミュニティという背景を見事に描きながら、

経済も人生も人間関係も再生させるためのヒントを

随所に盛り込んでいます。

その意味で、これはイノベーションの実践手本のような映画です。

この映画を元に経済学や人間関係の本が何冊か書けそうな

気分になってくる豊かな内容です!

諦めずにコツコツと自分の信念を貫こう!!!そう思いました。

僕の場合、自分の信念とは、本当に創りたい家をきちんと

形にするということ。

いろんな経験を通し、そして施主に教えられ、

その形がようやく見えてきました。

そして、その実現の仕方も解ってきました。

この映画の中では、保守的な男性心理や既成概念が

イノベーションを妨げる様子が描かれていますが、家づくりの

現場も同じだなあと思います。全ての世界で保守と革新の

せめぎ合いが起こっているのでしょうね。

それを突破するのが、この映画の場合は本質の追求と

伝統性のデザイン活用、そしてそれを推進する小さなコミュニティ

にあります。

この姿勢はモンベルの商品開発にも共通していて、

やはり、好きな世界をとことん突き詰めたいと願う真っ直ぐな

思いがあれば、そこにイノベーションが起こるのだと思いました。

僕も、本当に創りたい家に向けてとことん向き合いたい

と思います。まだまだ努力が足りない!!!反省しきりです!


これは、スイスの映画です。

その年のNo.1興行収入だったそうです。

力をもらえますよ。ぜひ観てみてください。

by yawaraka-house | 2012-02-29 15:09

2012.311

2011.311からあと1カ月と少しで1年が経とうとしています。

あれほどの大災害であったにもかかわらず、一部では既に風化が始まって

いるという声も聞こえてきます。

しかしその深い爪痕は確実に日本を捕らえていて、

最近では1980年以来初めてとなる貿易赤字の要因の一つが

この大震災であったという指摘があります。

この東日本大震災では、日本という国が災害大国であることを

改めて思い知らされました。

昨日のテレビでは、日本のお家芸であった物づくりの一つであった

はずのテレビ生産が韓国企業に追い抜かれていて、その企業が警戒して

いるのはソニーでもパナソニックでもなく中国の企業であると

レポートしていました。

経済や産業という視点でも、日本という国を考え直さなければならない

転換点にあるような気がしてきます。

その転換をどのようなパラダイムシフトで描くのか、どのようなイノベーションを

そこから誕生させていくのか。

311は、それを日本人の心と体で深く考えるように、神が与えてくれた

試練のように思えてなりません。

そこには、新しい産業創出が要るでしょう。

それがこれまでのような経済成長という概念で語れるものかどうか。

そこには、日本人ならではの東洋的な想像力が不可欠のように思います。

我々日本人は、古来より八百万の神々を信仰してきました。山の神、

海の神、川の神・・・・いろんな神を森羅万象の中に見い出す天才なのです。

だからこそ、キリスト教もイスラム教もヒンズー教も仏教もすべて

自由に受け入れてきたのではないでしょうか。

そんなどこかしら〝ゆるい〟文化、曖昧な文化が、我々の精神には宿っています。

昨年12月に訪れた気仙沼は、アイヌ語で「けせもい」と言うそうです。

それは「南の端の静かな入り江」を意味します。

そこにも、先住民族と融和して生きた東北民族の歴史があります。

それが、遠野物語が生まれた背景です。

我々は、地球の子であり、日本という地理的には災害立地に生きる民なのです。

そのような種がDNAのように繋がりあい、我々は今、ここにあるのでしょう。

2012.311を、私はそんな思いで迎えます。

そして、何かを生み出そうと、もがきます。

日本という国をしっかりと見据えながら。



           ● プロトハウスのホームページ 
            ● 「心地いい」「気持ちいい」「質がいい」家づくり
            ● 家づくり相性診断   
            ☆ お気軽にご相談ください ♪

by yawaraka-house | 2012-01-27 18:06

今年も頑張りましょう!

今日は雨ですね。只今、建主さんとの打ち合わせ終了。

午後からは、なかなか進んでいなかった自作の歌『THUBAME』

の練習を知り合いのカメラマン(ギタリスト)と行います。

被災直後の南三陸町の空を飛んでいたツバメのことを歌にしたものです。

その話をしてくれたお婆ちゃんは元気かどうか。

被災地のことも気になります。

12月の気仙沼に行きましたが、東北の寒さは想像以上でした。

仮設住宅に住んでいらっしゃるはずですが、断熱がちゃんと

効いているものかとその性能も気がかりでなりません。

仮設住宅プランを無償で届けるプロジェクトは『これなら住みたい

仮設住宅16プラン』を発行して一段落した感がありますが、

そのような理想的な仮設住宅を各地のニーズにそくして

建築できるような仕組みづくりのための活動を水面下で準備中です。

そちらの活動が早く発表できるように今年は頑張ります。

地道ですが、根気のいる活動ですので、未来展開を想像した

計画書を作るだけでも時間がかかることに気づきました。

ともあれ、午後からの歌の練習、頑張ります。

あのお婆ちゃんにいつの日かその歌を聞いてもらえるように。

by yawaraka-house | 2012-01-22 12:03

心地いい、気持ちいい、質がいい家づくりを。

今年のプロトハウス事務局の目標は、

これまで進めてきた、心地いい、気持ちいい、質がいい

家づくりを、さらに解りやすく広めていくことです。

心地いいとは、心理的な満足度のことで、

主にデザインによって実現されるものです。

好きなデザインテイストになっている、使い勝手がいい、

自然との共生感が描かれているなど、心で感じる満足度って

とても大切なんです。

気持ちいいとは、生理的な満足度のこと。

暑くない、寒くない、ジメジメしないというフィジカル面での

満足度も重要です。

そして、質がいいとは、仕上がりの良さや構造的な安心感に

対する満足度を意味します。

これらの3つの『いい』を建主さんの本当に求めるニーズを

客観的に分析しながらバランスよく実現する家づくり。

それこそが、プロトハウス事務局の得意とするところです。

これまでに数百邸にも及ぶ建築家住宅をコーディネートしてきた

その実践の中から生まれたノウハウで、

建主さん個々のご要望にお応えしていきます。

その一つが、基本図面が完成するまでのアドバイスと

リスクチェック。初めて家づくりに望む建主さんは家づくりに

関して体系的な知識がありませんので、それに代わって建築家から

提案される図面を客観的に分析し、その図面であれば、

どんな暮らしが実現できるのか、どんなメリットとデメリットがあり、

さらにどんなリスクが可能性として考えられるのかなどを、

建築家を交え、建主さんと一緒に確認していきます。

それは、ある意味、学習しながら進めることができる家づくり。

建主さんは自分の知識を高めながら、より豊かな選択肢から

自分たちが希望する暮らしを実現するためのアイデアを選択できます。

私たちは、建主も建築家も工務店も同じ一つの家づくりを

目標とするデザインパートナーと考えています。

こうやって、本当に自分たちが求めている住宅が完成するのですから

その満足度は、他にはないものだと思います。

私たちは、家づくりの進め方そのもののプロセスをデザインしている

のだと、最近よく説明しています。

例えばそれほどデザインを求めていない方に、建築家による

設計及び設計監理までが本当に必要でしょうか?

そんな方には、基本図面までを建築家にまとめてもらうという

コースで十分というケースも多々あるのです。

しかし、大震災後のエネルギー資源の在り方については、

これから家づくりをする方には一度はきちんと考えてほしいもの。

そこで、敢えて一番最初に薪ストーブのある暮らしのお話をするように

しているのですが、こうすることで、我が家のエネルギー対策を

考えてもらい、後になって後悔がないようにしているのです。

住宅のデザインにも、モダンなものや、和的なもの、ナチュラル志向の

ものまで多彩な方向性があります。温熱環境も太陽と風とうまく

付き合うのを大前提とするパッシブ生活や太陽光や太陽熱を

アクティブに採用する仕組みなど、これも様々。

そして根本的に大切なことが、どんなに優れた設計がなさていても

それを施工する工務店の仕事へのこだわりがないと、陳腐な家

しか建たないという事実があること。


私たちは、まず建主さんと十分にお話をしながら、多くの建築実例を

ご案内し、建主さんが本当はどんな暮らしを求めていらっしゃるのかを、

時にはワークショップをしたりして、リラックスしていただいた上で確認。

その夢を実現するのに最適なプロセスを組み立てていきます。

そして、心地いい、気持ちいい、質がいい家づくりを進めていくのです。

2012年のプロトハウス事務局は、これまで同様、みなさまと共に、

いい家づくりを実現してまいりますので、何卒よろしく

お願い申し上げます。


プロトハウス事務局代表 桑原あきら

by yawaraka-house | 2012-01-05 13:39

縁側で日向ぼっこする暮らし

縁側で日向ぼっこする暮らし。

そこに、硬い床は似合わない。硬い床に頬杖をつけば、

肘が痛くてのんびりとお昼寝してなどいられないからだ。

最適なのは、スギかマツ、コルクやタタミという選択肢もある。

こんな暮らしがしたい!という願いと、

素材が持つ性能はどこかで結びついているように思う。

デザインだけを先行させ素材や採光、通風などへの思慮を欠いていると、

最後の最後で、自分が思い描いていた暮らしを実現できないことが、ある。

昨日お越しいただいた施主候補の方には、

そのことをしつこいくらいお話した。

ご夫婦お二人が描いていらっしゃる二つの生活イメージに

大きなギャップがあると感じたからだ。

家づくりの一番のポイントはどんな暮らしがしたいのか。

それを考えることに、最も時間を使って欲しい。

by yawaraka-house | 2011-12-13 11:49

仮設住宅の本が好評発売中です!

「これなら住みたい仮設住宅16プラン」が好評です。

被災地の方ならどなたでも無償でご利用いただける仮設住宅及び

復興住宅のプランが16プラン掲載されています。

一人でも多くの被災地の方にお届けすることができればと思います。

また、コミュニティワークショッププログラムなどの、

在るべき仮設住宅づくりのための方法も提言しています。

Amazonの建築、民家・住宅論では上位にランキング中です。

ぜひ、手に入れて、いろんな方にお伝え願えればと思います。

こちらから。

by yawaraka-house | 2011-12-01 11:15

本日はオープンハウスです。

本日のオープンハウスは、宗像市日の里です。

店舗付きの二世帯住宅。

デザインテイストは、シンプルモダン。

東郷駅のすぐそばで開催です。

ご見学ご希望の方は、お気軽にお問い合わせください。

by yawaraka-house | 2011-11-12 09:39

仮設住宅本が発売されます


本日、仮設住宅本を校了。

後は印刷製本して店頭に並ぶのを待つのみです。


11月10日前後には本が出来上がる予定。

店頭にはその後、並び始めます。


仮設住宅の在り方を世に問い、新しい仮設住宅プランを提案し、

理想的な仮設住宅建築システムを提言する内容になっています。


どうぞ、手にとって、読んでいただき、

一人でも多くの方にお伝えいただくよう

ご協力お願い致します。


f0168167_192370.jpg

by yawaraka-house | 2011-10-27 17:59