<   2008年 12月 ( 1 )   > この月の画像一覧

今年の漢字は「捨」

毎年、日本漢字能力検定協会が全国公募し、12月12日の

漢字の日に決定して清水寺で発表する今年の漢字だが、それ

が今年は「変」ということらしい。

米国初の黒人の大統領オバマ氏が「チェンジ」をスローガン

に掲げ、金融不況で世界市場は激変し、地球温暖化でゲリラ

豪雨などの予測もしなかった天変地異が身近にあることを思

い知らされた一年だったから、確かに「変」こそ今年を象徴

する一字に違いない。

で、私が選んだ一字は「捨」。

そんな激変する時代だからこそ、その先の未来を見つめて過

去の価値観を〝捨て去る〟くらいの気概がないといけないと

思うからだ。

今年も、いろいろとあった。いろいろと学んだ。物づくりの

感動と難しさ、人という生き物の不思議。未来へのヒントと

仲間づくりの大切さ・・・・・。

私の父は教育者で、今から数十年以上も前に「どんな子も切

り捨てんでほしい」という本を著したが、そのタイトルとは

対照的にマイナスと判断すれば切り捨てようとする自分がい

ることに気づいた年だった。父はまた「子供は太陽」という

本も著した。どんな子供にも未来と可能性が宿っていること

を説いた本だったが、そのタイトルもまた私に時々、真理め

いた問いかけを投げてよこすのだった。

数多くの方の要望に応えようと、やわらかな家づくりを運動

の根幹に掲げ、B&D住宅という新しい家づくりの提案を行う

まさにその最中に金融不況が勃発し、人社会の脆さ危うさが

露呈したが、B&Dという幅広い連携はそれを好機ととらえ、

激変に応える仕組みとして機能しつつある。

そこではやはり古い価値観は捨てるべきと、新しい私は内心
 
呟くのだが、捨て去るはずの古い小道具のなかに太陽のよう

な輝きが潜んではいないかと、やはりどうしても振り返って

しまうのも事実なのだ。

父の教えはいつまでも、子の中で問答の風を立ち上げるのだ

ろうか。


f0168167_18273192.jpg


写真は、12月に河口湖町で完成したB&D住宅「amona」のモデルハウス



ブログランキングに参加中です。
気に入っていただけたら、下のバナーをクリックしてください。



           プロトハウスのホームページ

         いい家をつくる10の必読ポイント

             家づくり相性診断

by yawaraka-house | 2008-12-16 18:08