<   2009年 04月 ( 24 )   > この月の画像一覧

東京の住宅を考える

今回開催中のエココチハウス展や、今までに開発してきたB&D住宅

を頭の隅に置きながら、「東京の住宅」のスタンダードなデザイン

ったどんなものだろう? とここ数日考えています。

狭小地だと15〜20坪程度の敷地が多く、そこに住宅をプランニ

ングすると、1階が主寝室で2階がリビング、ロフトまたは3階に

子供室というお決まりの間取りが登場してくるのですが、最近どう

もそれだけかなあと疑問に思うようになっています。

ローカルでは、もっと広い敷地に対して建築家もいろんなプラン提

案を行うので、建主もそのプランを観て驚くことが多く、その提案

内容の豊かさには感動すら覚えるのですが、東京の狭小地ではプラ

ンそのものに最初からあまり感動がないのです。

それでは、B&D住宅としても魅力を感じていただくことはできませ

ん。その結果として建主さんからの熱い賛同は得られないことにな

るでしょう。

そんなことを思っていた矢先、エココチ展で発表されたプランを観

ていて、すこしだけひらめきました。自分が欲しいアイテムを包含

した幾つかののボックスを自由に組立てていって、その結果として

内部空間と外観ができるというのはどうだろう? と思ったのです。

箱はどこにでも開口を設けることができる仮称「フリーボックス」

です。どこにでも開口を設けることができるということは、どこに

でも階段を設けることもできるという意味です。箱の大きさも自由

ですから、自分の好きな空間は好きなだけ大きくできます。

そんな建築家のようなことを自由に考えているのですが、もしそれ

を施工するとなると、相当工事費がかかるんでしょうねえ!

いずれにしても東京の住宅をもっと魅力的にデザインすることがで

きれば、それはきっと面白いことに違いありません。

こんな妄想を私に抱かせたのは、エココチハウス展に展示されてい

清原くんの『カフェの家』という提案です。この提案では壁にも

大きなアイデアがあるのですが、興味のある方はぜひエココチハウ

ス展にてご覧になってください。

エココチハウス展は、5月9日まで開催しています。


f0168167_1755299.jpg

アトリエキューブの清原くんが提案してくれた『カフェの家』。
一件普通の家に見えますが、内部は面白いことになっています!


ブログランキングに参加中です。
気に入っていただけたら、下のバナーをクリックしてください。



           プロトハウスのホームページ

         いい家をつくる10の必読ポイント

             家づくり相性診断

by yawaraka-house | 2009-04-30 16:59

座スタイルの家具提案

長崎で推進中のB&D住宅のモデルハウスで使いたい座スタイルの

ソファーと椅子、テーブルのデザインをアズフェーンの石川さんが

届けてくれました。

f0168167_17235835.jpg


全体的に低い室内の目線に合わせて、低くデザインされています。

ソファーのアームも食事のときに座りやすいように低くしてあります。

石川さんはまだお若いのですが、自分で家具ショップを開設していて

オーダー家具を受注生産しています。たまたま歩いていたら見つけた店ですが、

少ない品揃えなのに何となく気になって色々と話をしているうちに、

石川さんの純粋さに惹かれて今回ご提案をいただくことになったのです。

アズフェーンの家具は半屋外での使用にも似合うようなシンプルなデザインでして

そこに何となく気持ちがいいベーシックなものを感じます。

この座スタイルの家具セットが完成したら写真でご案内しますので

リビングとダイニングが合わさったような落ち着いた新しい食&リビング空間を

考えている方は一度ご覧になってください。

テーブルの高さや座面の高さは、実際に私が座って決めました。

素材はウォールナットやホワイトアッシュなど予算に応じてご提案できます。

こんな風なコラボレーションでアズフェーンの家具が広がっていけば

それも面白いことだと思います。


ブログランキングに参加中です。
気に入っていただけたら、下のバナーをクリックしてください。



           プロトハウスのホームページ

         いい家をつくる10の必読ポイント

             家づくり相性診断

by yawaraka-house | 2009-04-28 17:23

日本全国の家を当たり前にカッコよく!

今回開催しているエココチハウス展には「水田の家」という

住宅プランがあります。

f0168167_232891.jpg


これは日本の原風景である水田を背景にしたら映えるデザインをしています。

茅葺き屋根をモダンにアレンジしているのですが、これは本心から

日本全国にきっとこの家を建てたいという方がいらっしゃるだろうという

自信があります。コアンのときにもその自信はあって、

実際にコアンを建てたいという方は全国にいらっしゃるのです。

私は常々日本全国の家を当たり前にカッコよくしたいと思っている

のですが、それを実現するための一歩を踏みしめているような手応えを

感じています。

今日ご来場いただいた方も「水田の家」に大変興味を持たれたようでした。

この「水田の家」は実際の建主様にヒアリングしながらその立地に相応しい

デザイン提案を行ったもので、この秋までには建築されます。

(このエココチハウス展で紹介する家の大半は実際の建主さんにヒアリング
してデザインしています!)

完成したら「田舎暮らしの本」の編集者の方、取材にいらしてください。

きっと大反響があると思います。田舎に暮らしたいけどもっとモダン

デザインされた住宅を建てたいと、

密かに願っている方はいると思うからです。

今日はかなり自画自賛しました。それだけ、自信があるということで

大目に見ていただければと思います。


ブログランキングに参加中です。
気に入っていただけたら、下のバナーをクリックしてください。



           プロトハウスのホームページ

         いい家をつくる10の必読ポイント

             家づくり相性診断

by yawaraka-house | 2009-04-27 23:22

エココチハウス展スタート

本日より福岡にて「エココチハウス展」をスタートさせました。

こんな模型が14プラン展示されています。

f0168167_2325535.jpg

これは真上から模型を見たところ。

午後4時からレセプションをしましたが、ご近所のけやき通りの皆さんや

プランを考えてくれた建築家たち、それにお客様もご参加いただき、

会場のカフェレストラン「タジェール」の料理を楽しんでいただきました。

それから建築家たちと飲みに行き、今帰ってきてブログを更新しています。

明日から5月9日まで開催していますので、お気軽にお越しください。

色々な住宅プランがあり、それぞれに工夫とアイデアがあるので

必ず新鮮な驚きがあるはずです。

ブログランキングに参加中です。
気に入っていただけたら、下のバナーをクリックしてください。



           プロトハウスのホームページ

         いい家をつくる10の必読ポイント

             家づくり相性診断

by yawaraka-house | 2009-04-26 23:31

モダン住宅の温熱環境

これまで数多くのモダンなデザインをした住宅を観てきました

が、その空間の過ごしやすさを左右する温熱環境についてはエアコン

任せという住宅が多かったように思います。

建主がそれでいいとジャッジしたからそうなったのでしょうが、

本当にそれでいいのでしょうか?

もちろん、空間デザインは大切です。けれど温熱環境をデザインする

こともそれと同じくらい重要だと思うのです。

また、温熱環境をデザインするコトも空間同様に設計スキルが必要で、

それを同時に成し遂げている空間には、たいへん魅力を感じるのです。

ある意味、他にないユニークなモダンデザインをすることは素人でもできます。

しかし風や光を読み、空調設備の設置の仕方を心得、住む人の体に負担が

かからない上で冷暖を効果的にコントロールする仕掛けをデザインするのは

経験とスキルが必要なのです。

ややもすればカッコいいデザインを追求するあまり温熱環境のデザインは

軽視されがちで、まずは求めている空間デザインを行ってから

処理的にエアコンをどこに置くか決める程度のコトがなされがちですが、

それは「いい家」を造ることからすれば本末転倒で、基本的な考えとしては

すべてに自然の風と光とどう付き合うのか、その中で必要最低限の

ミニマムな空調調整装置をどう組み込むかを最初に想定すべきだと思います。

今コーディネートしているB&D住宅は、どんなにモダンなデザインをした

住宅でも「温熱環境をデザインするコト」も大切にしています。

それには小さな仕掛けが必要ですが、その小さなデザインで

完成する家にはグ〜ンと違いが出てきます。

こんなコトにこだわるようになったのも、過去にコーディネートした住宅に

おいて「これは住みづらいだろう」という住宅を建築家がデザインして

いたことがあったからです。その苦い経験をきちんと教訓として

伝え、(当たり前のコトですが)住み心地のいい家をつくることが私たち

の使命と肝に銘じています。


ブログランキングに参加中です。
気に入っていただけたら、下のバナーをクリックしてください。



           プロトハウスのホームページ

         いい家をつくる10の必読ポイント

             家づくり相性診断

by yawaraka-house | 2009-04-25 16:23

ガンバレ、若い才能たち!

昨日はコアンにて、九州大学の学生たちに家づくりのことをレクチャー

しました。九州大学の平井先生が進めている「工業設計プロジェクト研究」

の一環ですが、他に人間工学の栃原裕先生と

人間生活システムが専門の深田悟先生もご参加されました。

3人の先生がそれぞれの専門の立場から学生に接する授業なんて、とても贅沢な

感じですね。ガンバレ、学生!!ということで、家づくりの専門家としての

立場から、住宅の持ついろんな可能性に言及しました。

f0168167_13364043.jpg

未来を担う若い才能たちを前に、コアンのコトや今まで私がコーディネート

してきた住宅のコトを話しましたが、今回は「コアン」という企画住宅を

核にして放射状に要素を配置したマインドマップを作成しました。

f0168167_1340036.jpg

これは最初にいくつかのブランチを伸ばし、そのカテゴリーごとに

要素を置いていくもので、「町」や「住人」、「太陽」「雨風」などの外部的

要素も配置して、全体として家をとりまく世界観みたいなものまで俯瞰

できるようにしています。一通りコアンの説明をした後で、質疑応答をし、

要素を配置したマインドマップを見ながら、「ココをこうできないか」的な

気づきが、新しい商品開発につながっていくという話をしました。

例えばエアコン一つにしても、部屋単体ではなく家全体で考えると

新しい温熱環境コントロールシステムの核設備としての

エアコンが考えられますねえというような話をしました。

また、住宅づくりをコーディネートしていくコミュニケーターの

位置づけや役割、手法にも言及しました。

このマインドマップを使う方法は今回初めて使ってみましたが、

頭の中で考えていることを立体的(放射的)に解説するには

なかなかいい方法のような気がしました。これにインクルーシブデザイン

で使用するブルースカイ手法のような「自分が潜在的に求めているニーズ」を

自然に引き出すような方法をプラスすると、

独自のツールができるような気がします。

いずれにしても次代を担う若い才能を育てていくことも

大切なことだと思います。


ブログランキングに参加中です。
気に入っていただけたら、下のバナーをクリックしてください。



           プロトハウスのホームページ

         いい家をつくる10の必読ポイント

             家づくり相性診断

by yawaraka-house | 2009-04-24 13:58

自分で家の模型を造る

エココチハウス展には私もデザイン提案をします。

ユーザ−参加型デザインの一つの方法として、素人なりにデザインしたら、

どんなコトができて、それはどんな風に人に伝わるのか、

そしてそれを建てることができるのか、そんなことを実験してみたかったのです。

で、まずはイラストレーターで図面を描きました。

f0168167_1852121.jpg

図面と言っても、サイズ付きのスケッチのようなものです。

私は企画書を書くのもイラストレーターなので、これ以外の方法で図面を

描くことはたぶんできないと思ったので、素直にその直感に従いました。

自分でスケッチなり図面なりを描こうと思っている人は、

自分の得意なソフトを使えばいいのではないかと思います。

お絵描きソフトやCGのようなものでもいいかもです。

ただイラストレーターはなかなか優れていて使いやすいので、

次の工程では大変助かりました。

f0168167_189810.jpg

私は次に、切り抜き用の紙をプリントアウトしました。

これを切り抜いて、立体的に貼り合わせようと考えたのです。

学習雑誌の付録のようなやり方ですが、簡単でいいのではないかと

考えました。

もちろん、模型製作用のスチレンボードを使い、建築家のように

組立てるという方法もあるのでしょうが、素人なりの

アプローチにこだわってみました。

で、完成したのが下記の模型です。

f0168167_1848466.jpg

4面の壁を切り抜いてそれを糊シロ部分で貼り合わせ、

その上にスチレンボードでつくった屋根を乗せました。

草屋根の仕様なので、屋根用のボードにスプレー糊を吹き付け、

そこに画材屋さんで買ってきた模型用の緑のパウダーを何度か

振りかけてみました。

いかがでしょうか? 素人なりに、ヘタウマかなあと自画自賛しています。

こんな風に自分で家の模型を造ってみるのも、楽しいし、

模型を造りながら、本物の家の構造とかも考えるきっかけになるし、

なかなかいいことではないかと思いました。

この模型は26日から始まるエココチハウス展で「おひるねハウス」

として展示されます。



ブログランキングに参加中です。
気に入っていただけたら、下のバナーをクリックしてください。



           プロトハウスのホームページ

         いい家をつくる10の必読ポイント

             家づくり相性診断

by yawaraka-house | 2009-04-22 18:09

エココチハウス展

エコなココチ(心地)を楽しめる家をご提案しようと、

エココチハウス展を開催します。

只今開発中の14プランを展示するわけですが、

ラストスパートのごとく、建築家たちからプランやら

模型やらが届けられています。

今日は、さきほど清原くんが模型を持参してくれました。

なんと200通りのプランを検証した中から誕生した

という新しい住宅のプラン。

これを観たら、「そんな企画型住宅なんて僕にはちょっとねえ〜」

と苦笑いして敬遠していた中堅の建築家も「そうか、そんなコト

も有りなんだあ!」とB&D住宅の新たな可能性に気づくかもです。

B&D住宅は、決してモダンなデザインを否定している活動ではありません。

モダンなデザインでも、そこに自然の摂理が入り、

心地いい空間を誕生させ、しかも安心して施工ができるような、

絵を描くデザイナーとそれを実物に施工するビルダーの連携ができる

ようなリアルな工夫がなされていれば、それはオーケーなのです。

ですから、新しいデザインだけれども、それがちゃんと施工でき、

気持ちいい空間になることが想像できた清原くんのデザインを観たとき、

B&D住宅が確実に次のステップに向っていることを私は感じました。

多くの人に、ぜひ観てほしいと思います。

エココチハウス展は、4月26日から5月9日まで開催します。

よろしければ、日本中の皆さん、福岡に遊びに来てください!

ゴールデンウイークの福岡は「どんたく」で祭り気分一色です!

ブログランキングに参加中です。
気に入っていただけたら、下のバナーをクリックしてください。



           プロトハウスのホームページ

         いい家をつくる10の必読ポイント

             家づくり相性診断

by yawaraka-house | 2009-04-21 19:49

雑木林をつくる

岐阜で進行中のモデルハウスプロジェクト。

薪ストーブの販売スペースとともにモデルプランの展示も行いますが、

裏山へとつながる緑地を雑木林にする計画が浮上してきました。


f0168167_21585157.jpg

ここに雑木林をつくります!


さっそく樹家の川島さんにご相談。私としてはナチュラルガーデン風に

したいのですが、それほど広いスペースでもないので雑木林風に

することになりそうです。

いつかはナチュラルガーデン&ハウジングのようなパーク型家づくりの場を

つくりたいと思っているので、今回はそのための下準備にもなるかも、と

思いつつ、コンセプトをまとめ、どんな建物とガーデンを配置するか、

そこではどんなコトを展開するか、いろんなコトを想像しています。

その想像を実際のコトへと落とし込んでいくためのクリエイティブな創造を

するのも私の仕事ですが、この創造がはじまるとほとんどワーカホリックの

乗りで没頭してしまうのでした。

さて、どんな雑木林が誕生するのでしょう。

木の香りのする仄かな灯りがともる室内には時折、薪がはぜる音がして、

ふとデッキ越しに外に目をやるとガーデンの向こうに

雑木林が風に揺れている・・・・・。

そんなシーンを描くことができれば最高ですね。

この施設は、今秋にはオープン予定です。


ブログランキングに参加中です。
気に入っていただけたら、下のバナーをクリックしてください。



           プロトハウスのホームページ

         いい家をつくる10の必読ポイント

             家づくり相性診断

by yawaraka-house | 2009-04-20 21:59

経験か冒険か

今日は二世帯住宅を計画されている建主さんが建築家との面談

にいらっしゃいました。

二世帯住宅ですが、とりあえずは若いご夫妻だけが来られての

面談です。

建築家はその若い建主さんがテイストを気にいったお二人で、

一人は若い建築家、もう一人は中堅の建築家です。

こんなときにクローズアップされるのが、経験豊かな建築家に

依頼するか若いがゆえに今までにない斬新な提案をしてくれそ

うな建築家に依頼するのかというテーマです。

経験か冒険か、それが問題だ〜というわけですね。

案の定、本日の建主さんも、二世帯住宅ですから、一緒に住む

親世帯の意見を取り入れる必要もあるのでその点では経験豊か

な建築家の方が現実的な感じもしますねえ、でもお若い建築家

には自分たちが相談しやすい感じもします・・・・・という感

じになったのでした。

経験か冒険か。それは二世帯住宅で象徴されるテーマではあり

ますが、家づくりのデザインを進めていく上では基本的に大切

なテーマでもあります。

このときに大切にした方がいいのは、いずれにしても住み心地

を大切にした住まいをデザインするというポイントです。

そうすれば、ある程度の冒険をしても後悔は残りません。

そうそう、気をつけなければならないのが経験豊かな建築家で

もその人が新しいコト大好きな冒険大好き建築家であれば時に

経験を無視して大航海に出てしまいがちだということ。

そうなると大航海=大後悔になるかもしれないので、そうなる

前に基本プランの段階で「もちろん住み心地のいい住宅にして

くださいね」とオーダーするよう心がけましょう。


ブログランキングに参加中です。
気に入っていただけたら、下のバナーをクリックしてください。



           プロトハウスのホームページ

         いい家をつくる10の必読ポイント

             家づくり相性診断

by yawaraka-house | 2009-04-18 18:06