<   2009年 09月 ( 6 )   > この月の画像一覧

水切りもこうなってるんだ

いつも現場ではいろいろと学習させていただいています。

こんな水切りを見ました。

f0168167_1452313.jpg


通気胴縁の下の灰色の金属板が水切りですが、

これには、外壁からの雨を土台などに侵入させないようにするという

大切な役割があります。

外壁から伝わった雨は下に流れていきますが、

かならず土台付近で水を切らなければ、

その水は土台の中に侵入してしまうのです。

いつも何気なく観ていた水切りでしたが、この日設置されたそれは

その下側に通気孔が設けてあるタイプで、単に水を切るだけでなく

通気胴縁と通気で繋がっているので水を切りながら通気にも寄与する

というシステムだと思いました。

f0168167_14221990.jpg


断面はこんな感じです。

小さな部品ではありますが、いろいろと改良されているのだあと感心。

技術はまさに日進月歩ですね。

ブログランキングに参加しています。
気に入っていただけたら、下のバナーをクリックしてください。



           プロトハウスのホームページ

         いい家をつくる10の必読ポイント

             家づくり相性診断

by yawaraka-house | 2009-09-24 14:23

ワークショップハウス

ただ今、ワークショップハウスというB&D企画住宅を建築中です。

f0168167_226489.jpg


11月に完成予定で、只今工事の真っ最中。

暮らしながら間取りを好きなように自分たちで変えていこう、

ということで、「ワークショップしながら暮らす家」をコンセプトに

しているのでこんなネーミングにしました。

デザインは平田大和さんで、施工は若杉建設さん。

小さな敷地に建つ小さな家ですが、その小宇宙にいろんな暮らしの工夫が

施されています。

内装壁の仕上げも施工性がよくてモダン&ナチュラルな感覚でアップ。

明るくオープンな玄関も、他にはないユニークな提案です。

B&D企画住宅では、これからもますます面白いアイデアが盛りだくさん。

どうぞ、ご期待ください。


ブログランキングに参加しています。
気に入っていただけたら、下のバナーをクリックしてください。



           プロトハウスのホームページ

         いい家をつくる10の必読ポイント

             家づくり相性診断

by yawaraka-house | 2009-09-23 22:13

鳴り物入り

「鳴り物入り」というと、あまりいい表現ではないように

受け止める方が多いと思うのですが、それには元来二つの意味があって、

(1)舞踊や演劇で、鳴り物を入れてにぎやかにすること。

(2)おおげさな宣伝などが行われること。
「―で新製品を売り出す」「―でデビューする」

ということらしいのですが、さて先日は地鎮祭においてこの前者の意味での

鳴り物入りを体験したのでご報告します。

場所は長崎県佐世保市です。

地鎮祭にふさわしく潔い横殴りの雨が降っておりました。

設計は東京の建築家・瀬野さんです。

今回の九州側のユニット建築家は松野尾さんでして、

主に設計監理を担当してもらいます。(ありがとうございます)

嵐のような雨がテントに吹き付けていることを除けば

地鎮祭はいつもの感じで進んでおりました。

強いて言うなら、宮司さん、祝詞を賜りながら鈴を振っていました。

今思えばそのときから始まっていたんですね、「鳴り物入り」が。

しかし鈴はなんだか馴染みがあってついつい見過ごしてしまった

んですね。

で、宮司さんによる儀式も一段落した頃です。

どこからともなく横笛を取り出した宮司さん!

ピーヒャラピーヒャラと軽妙な感じで笛吹きはじめたではありませんか!

f0168167_15311930.jpg


それがなんとも味わい深い!

そうか、そうか、地鎮祭って「祭」が付くくらいなんだから

にぎやかでいいんだ! 収穫祭などと同じように飲めや歌えやで

いいんだ〜と感心して宮司さんの後ろ姿を見ていると、

嵐のごとき雨の音も、心地よい天然の拍子に聞こえてくるのでした。

それにしても、いろんな地鎮祭に参加させていただきましたが、

鳴り物入りは初めての経験でした。



ブログランキングに参加しています。
気に入っていただけたら、下のバナーをクリックしてください。



           プロトハウスのホームページ

         いい家をつくる10の必読ポイント

             家づくり相性診断

by yawaraka-house | 2009-09-14 15:36

玄関で何ができるのか?

住宅の細部について想うとき、最初に頭に浮かぶのが

玄関です。

よく、「玄関は家の風格を表すので広くしたい」という方も

いらっしゃいますが、もっと広い視点で玄関を考えてみると、

その使い勝手にも相当な幅が出てくるのが現実です。

ある建築家は玄関を大きな土間にして、住み手のギャラリーにも

利用できるようにしましたし、またある建築家は玄関とキッチンを

土間でつなげ、野菜を持って家に入りそのまま調理するという

農的な生活を提案しました。

昔の農家は玄関を開けると大きなそして暗い土間になっていて

その奥に太い柱があり、横長い上がり框が待ち構えていて

やってくる隣人やらトンボやら町の駐在さんやらを

親しげな顔で迎えてくれたように思います。

そんな大きな玄関は雨の日の子供たちの遊び場になり、何やらの

道具置場になり、自転車置場にもなり、ちょっとした会合の場にも

なったはずです。

私は学生のとき演劇をしていたのですが、舞台はいつも特別講堂

(とっこう)の玄関でした。

普通なら入口となるスチール製の頑丈な6枚くらいの引戸がある部分を

ベニヤや暗幕で遮蔽してしまい、内側から見ればその遮蔽された入口に

向ってステージを組みました。

観客は非常口から一旦講堂の観客席に上がり、通常のやり方で出口に向うと

その出口に舞台があるという寸法です。

観客席から玄関ホールに至る踊り場や階段、そしてホールに敷物を置いて

そこを観客席とし、役者たちは特設の玄関舞台で演技をするのでした。

そんな玄関の使い方もあるのです。

ちなみに私たちが創った劇団(展覧劇場という名前です)は

今も大学にあり、部員数も相当増えているようです
(ネットで見てびっくり!!)。

まあ、懐かしさも交えながら、こんな風に想ってみると、

玄関でできることって無限大にありそうです。


ブログランキングに参加しています。
気に入っていただけたら、下のバナーをクリックしてください。



           プロトハウスのホームページ

         いい家をつくる10の必読ポイント

             家づくり相性診断

by yawaraka-house | 2009-09-11 17:46

「自然」でデザインする家

家づくりにおいて色々と進めている中で、

いずれも特に配慮しているのがエコロジーへの取組みです。

プロトハウス事務局の場合は、「デザイン」という行動がその核にありますから

この取組みを一言で言うならば、「自然」でデザインするということ。

その「自然」とは、太陽や風を代表とした自然界を指し、

そこから取り出された自然素材を指します。

つまりは、木材や珪藻土、羊毛などですが、

それらの力や動き働きをいかにデザインに活かすかが、

私たちの進めているデザイン活動の要になります。


10月にオープンを計画している「近場の木」でデザインした住宅リフォーム

のためのアトリエも、この活動の一つです。

近場の木を使い、ざっくりとしていてモダンな空間をコーディネートする

計画ですが、そこでは、自然とモダンの融合をテーマに、

しかも価格的にも手が届くリアリティにもチャレンジします。

そして、オリジナルキッチンをつくります。

    ザクッとした家具をデザインします。

    古いソファをカバーリングでリメイク。カラー壁面とコラボさせます。

    新人デザイナーがデビユーします。

今、そんなことを進めています。



ブログランキングに参加しています。
気に入っていただけたら、下のバナーをクリックしてください。



           プロトハウスのホームページ

         いい家をつくる10の必読ポイント

             家づくり相性診断

by yawaraka-house | 2009-09-10 23:22

みんなでキッチンをつくろう

しばしブログをお休みして、色々と実業を進めておりました。

で、色々とあるのですが、その一つをご報告&募集!

この度、『みんなでキッチンをつくろう』というワークショップを

開催することになりました。

自分たちのライフスタイルにマッチしたキッチンを造りたいね!

でもオーダーキッチンは高額そうで予算的に無理な感じ!!

という大勢の方の思いに応え、手が届くプライスで素敵なキッチンを

造り出すためのワークショップです。

チームで考えた理想のキッチンを建築家がビジュアル化。

「これはいい!」というキッチンは、協力メーカーさんによって

本当に商品化してしまうという楽しいイベントです。

開催日は10月18日(日)。

開催場所は、九州大学サテライトオフィス「ルネット」です。

参加募集人員は3家族1チーム×3チーム。

先着順受付ですのでご了承ください。

(家づくりやリフォームをお考えの方に限らせていただきます)

このワークショップはインクルーシブデザインの第一人者である

九州大学大学院准教授・平井康之先生の総合進行で進めるもの

でして、キッチンの「困った」発見から、理想のキッチンのビジュアル化

までを、みんなでワイワイ楽しみながら進めていきます。

午前の部と午後の部の間には楽しいランチタイムもはさんで

最後は「みんなのキッチン」発表会も開催!

各賞発表と表彰状まで贈呈されます。

新築やリフォームで素敵なオーダーキッチンを造りたい!けど

それにはどうすればいいの???とお悩みの方は

ぜひご参加ください。

お問い合せ・お申し込みはプロトハウスまで!



ブログランキングに参加しています。
気に入っていただけたら、下のバナーをクリックしてください。



           プロトハウスのホームページ

         いい家をつくる10の必読ポイント

             家づくり相性診断

by yawaraka-house | 2009-09-09 21:11