<   2010年 02月 ( 5 )   > この月の画像一覧

色々情報

家づくりのコーディネートやコンサルティングをしていると、

色々な情報が集まってきます。

その一つが工務店のモデルハウスの販売情報。

北九州の今村工務店さんが所有しているモデルハウスが

なんと2300万円で販売されます。

オール電化でその上今村ソーラーシステムをフル装備。

土地も広いし、団地の一角なので便利この上なし。

次に設計士と家づくりコーディネーターの募集情報。

いずれも腕のいい工務店さんが募集しているのですが、

まだあまり公にはされていません。

プロトハウス事務局でも家づくりコーディネーターを募集する予定

ですが、弊社はあまり高給支給ではありませんので、

家づくりが好きで好きで土日限定でもややボランティア的でもいいので

働いて知識を吸収したいという方、東京での募集計画中です。

またカナダウッドを使った企画住宅も企画中でして、

こちらはカナダ政府(の出先機関)との連携で日本全国向けに、

計画生産されているカナダウッド(構造的に優れているカナダツガなど!)を

使った耐震性能に優れ、耐光性にも優れた機能を持つ「強い家」を

企画開発していきます。これを展開したい工務店もこの秋位には募集開始

の予定ですが、・・・・いずれも最新の色々情報です。

今度の週末は岐阜で「ふるさと家づくりワークショップ」を開催。

そこではどんなアイデアや気づきに出会えるのか、

色々と情報に出会える喜び。

それを噛みしめている今日この頃です。





ブログランキングに参加しています。
気に入っていただけたら、下のバナーをクリックしてください。



           プロトハウスのホームページ

         いい家をつくる10の必読ポイント

             家づくり相性診断

by yawaraka-house | 2010-02-23 00:32

痛々しい家

最近お問い合わせいただいたお客様の言葉で

気になったのが、「痛々しい家」という言葉でした。

幾つかのオープンハウスをご覧になったというご報告の後で、

その幾つかの家が、使っている素材のせいなのか、空間のせいなのか、

とても痛々しく感じたと表現されていたのです。

この「痛々しい」という表現。

確かに住みにくそうな家を体感した時のあの悲しい気分にも

似た感覚を語っているようで、う〜ん鋭い! と感心したのでした。

そしてそんな方がぜひ会いたいとおっしゃった建築家!

誰だと思います。

う〜む、それは内緒にしておきましょう。

今度、当人さんにだけはお伝えしますね。

そうそう、確かにその建築家の家は、痛々しくはないです!

とても心地よさような空間が、そこには在るのです!!!

それを感じ取った方の感性に感心してしまいました。




ブログランキングに参加しています。
気に入っていただけたら、下のバナーをクリックしてください。



           プロトハウスのホームページ

         いい家をつくる10の必読ポイント

             家づくり相性診断

by yawaraka-house | 2010-02-18 00:51

家づくりのプラットホーム

今日は下関のオープンハウスに行ってきました。

設計が松山将勝で施工が今村工務店。何棟もこのコンビで造ってきた

だけに絶妙の完成度でした。

f0168167_2123466.jpg


ご見学の方も大勢お越しいただき、色々と説明させていただきました。

ありがとうございました。

やはりこのように実際に見学できる物があると参考になるようで

多くの方がいらっしゃいます。

B&D方式で建てたモデルハウスも同様で、

本日も他のスタッフは別のモデルハウスにてご相談にお応えして

いたのですが、プロトハウス事務局のサイトでモデルハウスのことを

知り、そこを訪れた方がいらしたそうで、家づくりの説明を

させていただいたようです。

オープンハウスやモデルハウス見学など、具体的な事例をできるだけ

多く見て、知識や経験を増やし、自分たちの求めているイメージに

具体的な形や臭い、空気感などを加えて行き、夢をより現実に

近づけていただければいいように思います。

また、プロトハウス事務局には、常に数多くのプランやまだ企画中の

プラン、それに建築家たちの最新作を掲載した作品集も用意しています

ので、そこを家づくりのプラットホームとしていただき、

より多くの選択肢の中から自分たちだけの家づくりの方向性を

発見していただければいいなあと思っています。


今日はメールにてお客様の土地探しにご相談や建築家との面談時の

アドバイスをさせていただき、また別の建築家から明日に控えている

お客様とのミーティングについての報告を受けました。

オープンハウスでは、今村工務店の今村社長に、

信州から送られてきた木っ葉をウッドブロックの大きさにカットしていただく

ようにお願いしました。中には神代ニレという硬木があって、これなどは

普通の歯ではカットできないそうで、お知恵を拝借することに。

f0168167_21375857.jpg

木っ葉といっても、こんな素敵な樹木たちです。

これで何ができるのか、お楽しみに!!



ブログランキングに参加しています。
気に入っていただけたら、下のバナーをクリックしてください。



           プロトハウスのホームページ

         いい家をつくる10の必読ポイント

             家づくり相性診断

by yawaraka-house | 2010-02-11 21:39

今日のアドバイス

家づくりの根本的なところからご相談をいただいている方に

今日はこんなメールを送りました。

遠方の方には、こうやってメールで相談とアドバイスのやりとりを

しておいて、必要な段階になったところで実際にお会いするように

しています。近々ご紹介する予定の岐阜の家づくりもそうでした。

さて、そのメールのやりとりをご紹介します。

土地探しと暮らしのイメージについての、普遍的なアドバイスなので

そのようなテーマで悩んでいらっしゃる方はご参考にされてください。



<メールのアドバイス>

◎◎様

土地は皆さん好き嫌いがあるので、探すのは難しいのですが、まず大切なことは

どんな暮らしがしたいのか家づくりの目標を明確にすることです。

例えば郊外ならば安い土地がありますが、交通の便はあまりよくないというデメ

リットがあります。ただしうまくロケーションがよい土地を探せれば田舎暮らし

的に子供の根源的な教育環境には良いというメリットが生まれてきます。(学区

などの問題は根源的ではなく表層的ですが、しかし現実には気にする方は多いよ

うに思います。ただし、もう一つの現実的課題である経済的観点から見ると手が

届く範囲の土地価格というもっと現実的な課題も浮き上がります)

逆に都会に近づけば土地の値段は高いが便利というメリットがあります。ただし

狭い土地しか購入できないのでのびのびした感じの家づくりには無理が生じてき

ます。そこを何とかするのが建築家だろうというご意見はごもっともですが、や

はり田舎のロケーションは都会では無理で、それでも光や風は取り入れましょう、

と言う提案になり、内側に開くコートハウスだったり、格子や磨りガラスでプラ

イバシーを確保しながら自然を感じる住まいを造るということに繋がっていくの

です。

郊外に暮らすか都会に暮らすか、これがまず自分たちの生活スタイルを確立する

上で一番大切なテーマになります。

ここで総額の予算から考えてみましょう。0000万円。ある程度理想の家を造る

には弊社が推進しているB&D方式でも2000万円あった方がいいです。ただし延

床面積を25坪〜27坪程度に減らし建具とかあまり使わないようにし、自然素材も

部分的にしか使わないとか他にも諸々の手を使えば1700万円程度でも住宅を建て

ることは可能です。広さと仕様で調整するわけですね。

で、2000万円を家にかければ残りの000万円で土地を探すことになりますが、こ

れはおそらく日本全国どこでも郊外になるはずです。住宅ローンの手数料や火災

保険などの諸経費に一般的には150〜200万円ほどは必要ですから、

000-200=000万円。

これが極めて現実的な土地にかけていい価格です。家を1700万円で建てることが

できれば+300万円で000万円を土地にかけます。

土地の建物にかける予算は、だいたいこんなイメージです。こんな漠然としたイメ

ージに実際の土地情報をオーバーラップしてみてください。

また土地選びの注意点は、売りに出されている土地の値段以外に思わぬ経費が発生

しないような土地を選ぶことが肝心です。

その経費とは、擁壁工事費、造成費、水道の引き込み代(本管から遠いと以外に工

事費がかかります)、地盤改良費(元々田んぼだったりすると基礎を打つ前に地盤

を改良するためにコンクリートと土を混ぜたり杭を打ったりします)、崖地ならば

家の土台を造る費用などです。また建ぺい率や容積率が必要な程度ないと思うよう

な広さを確保できないこともあります。

ということを考えていくと、土地の決定にはプロのアドバイスがあったほうがいい

と思います。弊社ではまだ土地が決まらない段階から建築家に面談してもらい、候

補地が見つかった段階でその建築家に候補地を見てもらうようにしていますが、

上記のような問題点をクリアしてなおかつ思うような家を建てることができるかプ

ロの目でアドバイスしていただこうと考えているからなのです。


ここで、提案です。どんな暮らしがしたいのかもう少し具体的に教えていただき、

それを元に、その暮らしができそうな場所を弊社サポート工務店さんに探していた

だきましょうか? もちろん予算を睨んだリアルな探し方です。ですから理想が満

点つまった土地ではないかもしれませんが、できるだけそれに近いという提案を

含んだ土地探しになります。そうすることで、すこし具体的になっていくかもしれ

ませんね。


ご夫婦で会話していただき、どんな暮らしをしたいのかなんとなくイメージが浮か

んでくれば、家造りは一歩前に進んだと思ってください。矛盾があってもいいから

意見を出し合うところから夫婦の価値観の摺り合わせが始まります。実はこの作業

こそが一番大切なことです。どんなに立派な家が建ったとしても、それが夫婦の価

値観を摺り合わせた結果でなければ、その家は、そのご家族の未来の礎にはならな

いからです。

その会話の中で、じぁあこんな暮らしがいいね、こんな風景のある場所がいいん

だ、という意見(俺はサーフィンがしたいとか、私は農業がしたいとか、犬を飼い

たい、森のそばがいい、薪ストーブが似合う暮らしがいいね等々)が出たらぜひ教

えてください。その視点の先に自ずと町や村が浮かび上がってくるように思います。

そしたら工務店さんに具体的に土地探しをしてもらいます。

以上、アドバイスさせていただきます。

じっくりゆっくり納得のいく形でスローハウジングを楽しんでください!


今日はこんなアドバイスをさせていただいたのでした。


ブログランキングに参加しています。
気に入っていただけたら、下のバナーをクリックしてください。



           プロトハウスのホームページ

         いい家をつくる10の必読ポイント

             家づくり相性診断

by yawaraka-house | 2010-02-05 18:27

気づいたらイベントが・・・

あっという間に1月が終わってしまいました。

で、当然ながら2月が来るわけですが、予定表を見てみると

2月開催のイベントがなんと盛りだくさんあったりします!

2月6日はグラフィックデザインでお手伝いした

動物病院のオープンハウス。設計されたのは柳瀬真澄さんです。

2月11日は弊社プロデュースの「下関の家」のオープンハウス。

こちらの設計は松山将勝さんで施工は今村工務店さん。

定番とも言える松山流の和モダンなデザインと

今村ソーラーシステムの心地よさが同居した住まいです。

この今村工務店さんの施工した住宅を体感できるのが2月21日の

バスツアー。寒〜いこの季節だからこそ、温々の今村ソーラー

の家を体感していただこうと企画しました。

二世帯住宅も見学。途中で美味しいハーブレストランでカラダに

やさしい昼食をとり、

f0168167_18462972.jpg


最後はオリジナル家具工房にて

無垢家具の見学や家づくりの相談を承ります。

私がコーディネーターで参加しますので、これから

気持ちいい家づくりを考えたいという方はぜひ体感を!!!

そして2月28日は「ふるさと家づくりワークショップ」を

岐阜県各務原市のコトコトで開催。

f0168167_18425624.jpg


このコトコトは、私がプロデュースした薪ストーブショップ兼

モデルハウス。そこで各務原の地区にふさわしい住宅って何?

というユーザー参加型のワークショップを行うのです。

ということで、気づいたら2月はイベント盛りだくさん。

その間も東京と福岡を往復しながら「いい家づくり」の

コーディネートは続くのです!



ブログランキングに参加しています。
気に入っていただけたら、下のバナーをクリックしてください。



           プロトハウスのホームページ

         いい家をつくる10の必読ポイント

             家づくり相性診断

by yawaraka-house | 2010-02-01 18:38