<   2010年 03月 ( 3 )   > この月の画像一覧

ふるさと家づくりワークショップ

こないだの日曜日は岐阜県に行ってきました。

「ふるさと家づくりワークショップ」で建築家からの提案が

行われ、私はその司会を務めたのです。

提案は工務店の設計担当者と、建築家の久保田さんから行われました。

f0168167_17393058.jpg


これはプレゼンテーションする久保田さん。

1/100の小さな模型でしたが、プロジェクターとプリントを

使い、素晴らしい提案をしていただきました。

ワークショップに参加されたお客様からいただいたテーマは

「あったかい家」。それに対し、久保田さんは

「通り土間のある住まい」をプレゼンテーション。

薪ストーブのある暖かい家が提案されました。

ワークショップには4組のご家族が参加され、それぞれのニーズや

気づきがワークショップを通して発見していただいたようです。

皆さん一様にご満足をいただきました。

ここで抽出されたキーワードを元に、この岐阜のエリアにふさわしい

ふるさとの家が完成できればと思います。

好評でしたので、また開催される予定です。



ブログランキングに参加しています。
気に入っていただけたら、下のバナーをクリックしてください。



           プロトハウスのホームページ

         いい家をつくる10の必読ポイント

             家づくり相性診断

by yawaraka-house | 2010-03-30 17:45

家の燃費

最近気になっているのが「家の燃費」という概念。

長期優良住宅や自律循環型住宅というと、長持ちして生理的にも

カラダにいい住宅のように聞こえるけれど、実は高気密高断熱を

一つのベースとして数値的な住宅性能だけを追求する住宅だったり

するわけで、どうも素直に頷けないでいたのですが、

そんなことを言っていられないほど、地球の温暖化進行に歯止めをかける

必要性の方が急務になっているような、そんな気がしてならないのです。

そういう状況であるにも関わらず、一方ではまだまだ多くの建築家が

住宅の温熱環境づくりに興味を示さず相変わらず自分のデザイン実現

にしか目がいっていない現状があるので、この思いはなおさら

高まっていっている状況です。

そこで考えたいのが「家の燃費」。

心地いいデザインを実現しながら一方ではエネルギーロスの少ない住宅を

造る必要性があるように思えてなりません。

それも室内の温熱環境を〝デザイン〟することに他ならないのですから。

今、幾つかのプロジェクトで「家の燃費」を考えた家づくりを

進めています。

Q値目標は1です。

断熱材を何にするかは課題です。木質系が理想で、石油系は

結果的にエコにはならないはずだからNGというのが私の基本スタンス。

数値計算はやはりその専門家でないと難しいので建築家に

お願いしていますが、外国ではこのようなエネルギーの専門家も

いるようです。それにも興味津々です。

そこには太陽発電だけでなく、草屋根などのアイデアも生かしたいもの!

車にも燃費があるのですもの、住宅の燃費が問われるのも

当たり前! そんな時代がもう目の前に来ているようです。



ブログランキングに参加しています。
気に入っていただけたら、下のバナーをクリックしてください。



           プロトハウスのホームページ

         いい家をつくる10の必読ポイント

             家づくり相性診断

by yawaraka-house | 2010-03-12 19:03

愛弟子のデビュー、初めてのお泊まり

建築家の瀬野和広さんの愛弟子である渡辺学のデビュー作が

完成しました。

f0168167_18122616.jpg


独立して最初の仕事はなかなか恵まれることがないので、

私がコーディネートさせていただきました。

シンプルな中に漂う和の風情に建主さんも大満足。

f0168167_1813611.jpg


いい意味で瀬野さんの影響のある空間はコンパクトにして伸びやかです。

f0168167_1814836.jpg


で、岐阜に行くついでがあったものですから、

私、そのお宅にお泊まりさせていただきました。

建主さん宅に泊まるのは初めての経験です。

夕方着いたのでさっそく写真を撮影させていただきました。

f0168167_1816156.jpg


なんともいい感じの外観。屋根と外壁材を統一しているのがミソですね。

決して大きな家ではないのですが、しっかりと存在感があります。

f0168167_18174111.jpg

f0168167_18175925.jpg


室内も開放的で、生活動線もきちんと考えられていました。

愛弟子のデビュー作をお師匠さんはどんな目で見ているのでしょう。

今度瀬野さんに会ったら聞いてみたいと思います。

今回のケースに限らず愛弟子のデビューとそれに続く住宅作品を見守る

お師匠さんの姿は時々拝見しています。

柳瀬真澄さんの事務所からも数名の建築家が巣立っていきましたが、

機会があるごとに柳瀬さんはその愛弟子たちが設計した住宅のオープン

ハウスにも顔を出され「あそこは○○○だね〜」などと

やさしくアドバイスされていらっしゃいます。

数多くの建築家を見ていますが、お師匠さんのいい部分をきちんと

受け継ぎ、そこに自分なりの創意工夫を重ねた建築家は

その後、しっかりと実績を残しているようです。

瀬野さんも柳瀬さんもいつも向学心旺盛の建築家。

愛弟子たちはその姿勢までも受け継いでいくのでしょうね。

お泊まりの感想?

いや〜、Iさん手作りのお食事が美味しかったです〜。

もちろん心地いい空間でした!!!



ブログランキングに参加しています。
気に入っていただけたら、下のバナーをクリックしてください。



           プロトハウスのホームページ

         いい家をつくる10の必読ポイント

             家づくり相性診断

by yawaraka-house | 2010-03-05 18:27