<   2010年 09月 ( 9 )   > この月の画像一覧

ドラマの必然性

ドラマは筋と登場人物が在ってはじめて成立します。

筋だけではダメ。筋はシナリオと思われがちですが、深い意味で

シナリオはドラマを指すもの。すなわちシナリオも登場人物の

キャラクターが重要な役割を果たしていくものだと思います。

建築家との家づくりでも同様で、よくある話が、建築家には出会うべくして出会っ

たものの、その先で工務店選びをしようという段階になって「本当にこの工務店で

いいのかな?」という疑問符を感じてしまう施主が多いのです。

つまり、家づくりというドラマにおいて「出会うべくして出会った工務店」

という必然性を感じない方が多いということ。

プロデュース会社の中には地域をエリア制にして工務店に振り分けて

イベントを開催し、施主と建築家を引き合わせるまではいいのですが、

いざ工務店が見積もりをするという段階になって「えっ!工務店1社だけなの?

それって俗にいう紐付き?」と施主が失望し家づくりの話そのものが空中分解して

しまうケースもあります。この場合に施主落胆を誘っているのが

「この工務店がいい」というドラマの必然性を

全く感じていていないという事実です。

このケースだけでなく、家づくりドラマの必然性として工務店が登場するシーンが

うまく描けていないのが今の家づくりの実情のように思います。

この必然性の描き方の一つに、B&Dスタイルの家づくりにおけるモデルプラン住宅

の開発があります。その施工や温熱環境の造り方に「その工務店ならでは」という

ドラマの必然性を挿入していくのです。それでも、なかなかその必然性を描きにく

いという場合もあります。「どんな家でも造ることはできるが、特にこれといった

こだわりはない」という工務店も多いのです。ただし、よ〜く話を聞いていくと

それなりのこだわりが垣間見えてくるので、その一つひとつを整理して

シナリオの中にきちんと配置することで工務店の役柄そのものが浮き上がって

くるということもあります。

人はドラマの進行に違和感を覚えると、なんとなくその話をウソっぽく

感じるものです。またはそのドラマの登場人物としての自分を甘受できず

挙げ句の果てにはそのドラマからの離脱を決意するに至ります。

先述のエリア制工務店という登場人物に違和感を覚えて空中分解した話のように。

「北の国から」がその世界観とそれをやわらかく構成するキャラクターたちから

成り立っていたように、「七人の侍」が荒れ狂う時代の雰囲気と強烈なキャラク

ターたちによって成り立っていたように、

どんな家づくりにも、それにふさわしいドラマとキャラクターが必要で

そこには出会うべくして出会った必然性が生まれています。

私は、いつも、この必然性を大切にして家づくりをコーディネートしています。



ブログランキングに参加しています。
気に入っていただけたら、下のバナーをクリックしてください。



           プロトハウスのホームページ

         いい家をつくる10の必読ポイント

             家づくり相性診断

by yawaraka-house | 2010-09-30 17:51

「こんな家に住みたいプロトハウス展」開催します

プロトハウス事務局では、まず福岡ギャラリーにて

「こんな家に住みたいプロトハウス展」を開催します。

「すご〜い!」と思わず驚いてしまうコンセプチュアルなプランから

「なるほどね〜」と感心してしまう具体的なモデルプランの提案まで

幅広いプロトハウスプランが展示されますので、

「家づくりをもっと楽しみたい」という方はどうぞご来場ください。

期間は10月1日〜10月26日。

開催場所はプロトハウス事務局福岡ギャラリー(福岡市中央区今泉1-18-25季離宮

中2階)です。

山本卓郎さんや中原祐二さん、瀬野和広さんとそのスタッフたち、

アーキプレイス(石井正博+近藤民子)さんなど、

第一線で活躍中の建築家たちのプロトハウスプランが大集合。

パネルや模型などを多数展示しますので、お気軽にお越しください。

f0168167_18113080.jpg

◎写真は中原祐二さんのプランです。



ブログランキングに参加しています。
気に入っていただけたら、下のバナーをクリックしてください。



           プロトハウスのホームページ

         いい家をつくる10の必読ポイント

             家づくり相性診断

by yawaraka-house | 2010-09-22 17:45

本物の百年住宅を考える

日本では今、長期優良住宅という言葉が一人歩きし、

それは=二百年住宅ということになっているのですが、

過日行われた実物大地震の実験で長期優良住宅レベルの構造を持った

住宅が見事に倒壊し、それよりも理論的には耐震等級の低いはずの

住宅が倒壊しなかったことからも明白なように、

この長期優良住宅の内容は非常に空理空論の上に成り立っているものです。

ただ、長期優良住宅仕様にすると税制が優遇されたり、住宅ローンの

金利が低くなったりするために、ハウスメーカーはこぞって

それを採用し、数値化のための家づくりとも呼べるものを推進しています。

税制や低金利はユーザーの心理を見事に誘惑するので、

私たちも、一応表層的にはその流れにはお付き合いはしていますが、

いい家の本質は、そこにはありません。残念ながら官僚のデスクの上や

超一流と呼ばれる頭の中には本質の欠片も存在しないと考えたほうが利口です。

すべては既存の法律の穴を埋めていくだけの机上論。

本当の意味での日本人の知恵は、ここには在りません。

先日、湯布院の山荘無量塔を訪れた際に、

本物の百年住宅ってこれだなあと感じました。

山荘無量塔は古民家を移築した旅館です。

古材の梁と柱が重厚な雰囲気を醸しだし、左官仕上げの表情豊かな壁や

革張りのソファーに細い夕陽があたっていました。

建具も木製で単板ガラスがはめ込んであります。長期優良住宅仕様の家

ならばペアガラスは当たり前で最近はLOW-Eガラスになりつつあるの

ですが、無量塔の本物の空気感にはそんな新建材は似合いません。

部屋を仕切る格子引き戸と直径30センチはある太い柱、その向こうの

煙でいぶされた高く黒い天井が織りなす深い静寂を宿す空間を観ていると、

おそらく一年近く前にはなろうかと思われる訪問時から

この空間がすこしも色あせてはいないことをひしひしと感じている自分がいました。

その空間は色褪せるどころか、むしろ古色色の輝きを放っているのです。

優に百年は生き抜いたとおぼしき太い柱は、

倒壊した長期優良住宅レベルの実物大住宅の柱とは比べようもなく

どっしりとしています。しかも全体のインテリアセンスがいいので重すぎない。

私が考える百年住宅のイメージはまさにこれです。

構造には日本の伝統工法の良さを生かし、本物の木をがっしりと用い、

内装は左官職人が味わい深く仕上げた家。

この仕様だと、おそらく坪単価で百万円は下回らないはずですが、

延床面積35坪で施工費3500万円。普段よく開発しているモデルプラン住宅のほぼ

2倍の施工費になりますが、上質を極めたい方には申し分ない仕上がりです。

こんな住宅ならば年間に5棟ほど施工するだけでいい。そんなことを呟く工務店も

登場するかもしれません。

本物の百年住宅を想像したとき、ふとこんなことを考えました。



ブログランキングに参加しています。
気に入っていただけたら、下のバナーをクリックしてください。



           プロトハウスのホームページ

         いい家をつくる10の必読ポイント

             家づくり相性診断

by yawaraka-house | 2010-09-21 18:02

旅の途中

先日、あるご夫婦がプロトハウスギャラリーに訪ねてこられました。

数ヶ月前まで京都に住んでいて、福岡に転居したばかり。

いろんな都市を巡られて、都市と田舎のバランスのとれた、そして人柄も

熱い福岡の地が気に入ってマンションを購入し引っ越しされてきたとのこと。

第二の人生のスタートです。

土地選びに際しては日本各地の候補地に数週間滞在して土地勘を養いながら

行われたとのこと。念の入れようにも年季が入っています。

しかしマンションに移り住んではみたものの、根っからの住宅好きのご様子で、

いずれは一戸建てをとご訪問いただきました。

お話しをうかがっている最中にふと口をついた言葉が

「旅の途中なんですね?」でした。

「そうそう、旅の途中なんです」とお応えになったご夫婦。お互いの価値観を

磨き合ってきた者同士が阿吽の呼吸で頷かれた瞬間です。

そう言えば、ただ今南阿蘇で進行している家づくりも、その施主は

日本各地の候補地に数週間滞在し、南阿蘇に決めたという経緯がありました。

この日ご訪問いただいたご夫婦のように京都から福岡に移り住み

家族でカフェを開いて有名店になっているケースもあります。福岡在住の

人なら知る人ぞ知るカフェ「とねりこ」がそれです。こちらも

ご主人の定年退職を機に土地選びからやがて福岡へと行き着くのです。

人生はいつも旅の途中。

家づくりは旅の途中の心の拠り所なのかもしれません。

こういった視点で家づくりを観た場合、資産価値のある家づくりは

これからは必要不可欠の着眼点かもしれません。

次の旅に出るためには、その旅費を稼ぐためにも住宅は高い値段で販売できた

ほうがいいからです。資産価値を高めるためには現在のところ

日本で長期優良住宅という視点が有力ですが、その根本である構造の在り方などに

ついてはますますの議論が必要なのは言うまでもないところ。

なにしろ長期優良住宅の家が実物大実験で倒壊したくらいですから。

何事にもパーフェクトはありませんが、少なくとも限界体力計算などの

減衰力にも配慮した耐震基準を積極研究するというようなことを国交省も

推進しないと本質的な解決策へのスタートは始まらないように思います。

人生は旅の途中、その拠り所がいつまでも輝き続けるように。



ブログランキングに参加しています。
気に入っていただけたら、下のバナーをクリックしてください。



           プロトハウスのホームページ

         いい家をつくる10の必読ポイント

             家づくり相性診断

by yawaraka-house | 2010-09-17 17:05

オープンハウス大好評です!

東京で開催している「シンプル3」のオープンハウスが大好評です。

私も11〜12日は会場にてご案内させていただきました。

f0168167_14223237.jpg


シンプル3はSE構法を使ったシンプルな3階建てですが、

耐震性能が高いという点と、シンプルモダンなデザインが好評の

理由のようです。

会場には解りやすいPOPなども展示。

B&Dスタイルの他のモデルプラン住宅の作品集なども置いていますので

家づくりのことをゆっくり考えることができます。

f0168167_14313826.jpg


オープンハウスは今月23日まで開催していますので、

都市型住宅や狭小地住宅の参考にされたいという方は

ぜひお越しください!

f0168167_14325760.jpg


尚10月にはシンプル3に次ぐ「ライト3」のオープンハウスを計画中です。

こちらもどうぞご期待ください!



ブログランキングに参加しています。
気に入っていただけたら、下のバナーをクリックしてください。



           プロトハウスのホームページ

         いい家をつくる10の必読ポイント

             家づくり相性診断

by yawaraka-house | 2010-09-13 14:33

明日からオープンハウスです

いよいよシンプル3のお披露目です。

この住宅は都市型住宅の見本のような3階建て。

構造には耐震性の高いSE構法を用い、極めてシンプルなデザインで

全体を統一しています。

SE構法というと、なかなか高額で使用できないという場合が多いのですが、

このシンプル3では、それを用いてなおかつコストダウンにも成功しています。

設計の廣田悟さんはモダンハウスを手がける建築家ですが、

施工を行う工務店のホープスさんとの連携もスムーズに行い、理想的な

B&Dスタイルの家づくりとなりました。

この住宅は今後モデルプラン住宅として気に入っていただいた方に

採用いただければこの設計プランをカスタマイズして建てることができます。

すでにバリエーションプランもご用意しています。

設計料も含んで2000万円以内でなんとかモダンな住宅が建てられないかと

お考えの方はぜひ一度この住宅をご覧ください。

明日11日と明後日12日は私も現地におりますので、お越しいただき、

何でもご相談ください。

詳しくはコチラへ!




ブログランキングに参加しています。
気に入っていただけたら、下のバナーをクリックしてください。



           プロトハウスのホームページ

         いい家をつくる10の必読ポイント

             家づくり相性診断

by yawaraka-house | 2010-09-10 15:23

木組み幼稚園

最近、国産木材を使った住宅づくりへの取組に行政も関心を

示してきたようです。

大規模な木造で町役場などを造ったりするプロジェクトもその一つ。

そこでプロトハウス事務局では、いろんな建築物を木造で造ろうと

いうメッセージを発信していきたいと考えているのですが、

その根底にあるのが、木造を木組みで造ろうという考え方。しかし木組みに

も色々あって、集成材と金物を使った合理化工法だったり、昔ながらの

貫工法造りの古民家のような工法だったりするのですが、

そこは適材適所の工法を選択するとして、ただその設計には木組みに詳しい

建築家を推薦し、できるがぎり地元の構造材を使った木組みによる

設計提案を行っていきたいと考えているのです。

それで最初に浮かんだアイデアが「木組み幼稚園」。

園児たちに木組みの構造を見せることで、空間と家に対する認識を

体感させ、そこに間取りの楽しさも加えて想像力を養う知育ができないか

と考えています。

ここで大切な要素が、実は、木組みのこと、住宅の構造、骨組みについて

詳しい建築家は、意匠系の建築家の中にはあまり存在しないという事実です。

ご存知のように建築家の専門性は意匠と構造と設備ですが、

建築雑誌に載るほとんどの建築家は意匠系の人々。超有名な構造家などを

除けば、構造や設備設計を専門とする建築士が

表舞台に登場することは希なのです。

そこで木組み幼稚園では、プロトハウス事務局の中でも住宅の骨組みに

徹底的なこだわりを持つ建築家の瀬野和広さんとタッグを組んで

子供たちの空間認識を逞しく育む木組み幼稚園を

提案していきたいと思います。

近いうちにそのイメージスケッチなどをご案内しますので、安心で頑丈、

そして地域材を活用した幼稚園や保育園を造りたいとお考えの方は

ぜひご一報ください!!!

頑丈な木組みですから、室内にはもちろんのことブランコ設置し放題です!

柱に枝付きの本物の丸太を採用し、森のようにするのもいいし、

屋上はすべて草屋根にして自然の優しさの中に包まれて子供たちの

自由な感性が育まれるのもいいと思います。

建築家が幼稚園を設計している例は多く、幼稚園の経営者の中にも

建築家に設計依頼して他園との異なった特色のある幼稚園を造りたいと

お考えの方もおられると思いますが、

その根底には未来へとつながる明確なポリシーが必要だと思います。

木組みにこだわることは、単なるデザインにだけこだわるプロジェクトでは

ありません。森で木が育ち、その木がかり出され、木材として加工され、

木が木と組み合わさって組み上げられていく様を見ることは、

地球環境の体感的学習に他なりません。

この木組み幼稚園造りは、全員参加型です。

先生がたや園児はもちろん、園児の保護者の皆さんにも参加していただきます。

土も地元の土を用い、それを安心して使え長持ちするようにアドバイス。

どんな風にすれば太陽光や太陽熱と仲良くできるのか、

どんな間取りが不思議な感覚を生むのか、子供たちは体で覚えていきます。

木組みの頑丈な構造力や柔軟な間取りが、それを可能にするのです。

この提案に興味ある方はぜひご一報ください。

私と瀬野和広さんが、木組み幼稚園の可能性を熱く語らせていただきます。



ブログランキングに参加しています。
気に入っていただけたら、下のバナーをクリックしてください。



           プロトハウスのホームページ

         いい家をつくる10の必読ポイント

             家づくり相性診断

by yawaraka-house | 2010-09-08 15:37

子供室をどうするか

家づくりのプランニングの中でよく出てくる話題が、

子供室をどうするかということ。

個室を与えるのか、与えるとすればどれ位の広さがいいのか。

もちろん、答えは様々なのですが、

ワークコーナーといって、子供の勉強室を主目的とした

家族の談話室みたいなコーナーを大きく造り、

そこに繋がるような動線で小さな子供室を設けるという設計アイデアが

最近よく採用されるようになってきました。

そして子供が二人の場合は、将来間仕切りができるような処理(ドア二つとか)

だけは施しておいて現状は大きな一つの子供室にしておく、というのが

一般的になってきています。

このコンパクトな家づくりが選択される背景には、

子供は将来は巣立っていくもの、という漠然とした認識があるようです。

先日、テレビ番組で大家族が和気あいあいと暮らす大きな家が

紹介されていましたが、このコンパクトな家づくりとは

どうしても根本的に交わらない要素をはらんでいます。

「だからこそ世代循環型の間取りが必要なんだよ」と、

ある建築家の助言が聞こえてきそうです。それでも30坪程度の床面積の

家に三世代6〜8名ほどの大家族が住まえるかとなると、それは難しいかも。

折しも長期優良住宅化がもてはやされる現代。

「多世代住宅は容積率を緩和する」などという「生活変動型容積率」などの

法律の改正も必要になってくるのかもしれませんね。



ブログランキングに参加しています。
気に入っていただけたら、下のバナーをクリックしてください。



           プロトハウスのホームページ

         いい家をつくる10の必読ポイント

             家づくり相性診断

by yawaraka-house | 2010-09-07 14:47

草屋根か太陽光発電か

先日、大分のサポート工務店さん(エイト)にうかがってきました。

新しい商品企画の件です。

そこで同社がこれまでに建てた太陽光発電を乗せた住宅の施主を取材。

みなさん一様に大満足していらっしゃいました。

何に満足?

それは一言で言えば、費用対効果です!

正直に言いますと、建築家住宅ではなかなか太陽光発電を採用することは

なかったので、その費用対効果にも実感がなかったのですが、

取材によると、7年間で減価償却できるほどだとか。

具体例として教えていただいたのは、

6月の使用電力が7507円なのに対し、売電が12672円とのこと。

f0168167_13201962.jpg


なんと5千円ほども利益が出ている計算になります。

太陽光発電というと屋根に設置するので日頃から推進している

屋上緑化(草屋根)と競合関係になります。

屋上緑化は屋根からの熱の侵入を大幅に抑え、その結果、屋内で

使用するエアコンのコストも低減させていますし、

なんと言っても屋根が熱くならないからヒートアイランド化の抑制に

大きく寄与するものです。

こう言うと、経済を取るか環境を取るかという二者択一のようにも

聞こえますが、太陽光発電も太陽光という自然エネルギーを使って

電力を生み出すというエコ活動でもあるので、

単純にそういう話でもなくなってきて、気分はハムレット!

家づくりは選択の連続でもあるという、そのいい事例でもあります。

でも屋上緑化した屋根に登ったことのある我が身からは

その感動を伝えたいという気持ちがムクムクとわき起こってきて、

「家を建てて山を造る!」、そんな屋上緑化のある家づくりを進めたいという

ネイチャー実感型の思いに至るのです。



ブログランキングに参加しています。
気に入っていただけたら、下のバナーをクリックしてください。



           プロトハウスのホームページ

         いい家をつくる10の必読ポイント

             家づくり相性診断

by yawaraka-house | 2010-09-03 13:20