<   2011年 10月 ( 16 )   > この月の画像一覧

仮設住宅本が発売されます


本日、仮設住宅本を校了。

後は印刷製本して店頭に並ぶのを待つのみです。


11月10日前後には本が出来上がる予定。

店頭にはその後、並び始めます。


仮設住宅の在り方を世に問い、新しい仮設住宅プランを提案し、

理想的な仮設住宅建築システムを提言する内容になっています。


どうぞ、手にとって、読んでいただき、

一人でも多くの方にお伝えいただくよう

ご協力お願い致します。


f0168167_192370.jpg

by yawaraka-house | 2011-10-27 17:59

自然に勝る美しさはありません!


今日は、ちょっとお散歩してきました。

福岡城のお堀では、枯れて水面に浮かんでいた蓮を発見。

蓮の実と紅葉した桜の葉っぱ。綺麗ですね。


f0168167_17343650.jpg



それに石垣のツタ類の見事な美しさ。

このバランスは、真似ようとしても

なかなかできません。


f0168167_17333571.jpg



自然に勝る美しさは無し!

人間はもっともっと自然に学ばねばならないと

改めて思いました。


原発か自然エネルギーかなんて議論をしている場合じゃないのに。

それでも、そんな人間とは関係ないと言わんばかりに、自然は

今日も坦々とあるがままの美しさを見せています。


f0168167_1733786.jpg

by yawaraka-house | 2011-10-26 17:54

プレカットはどこで行った方がいいのか?


プレカットはどこで行った方がいいのか?


信州の木材を使った家づくりフォレストバーンで、

信州の構造材を最もリーズナブルに利用する方法を

検証しています。


f0168167_1755697.jpg



一つが信州のプレカット業者に依頼してプレカットまで

完了したモノを現地に送ってもらう方法。

もう一つが、信州の森林組合から現地近くのプレカット業者に

木材を入れてもらい、そこでプレカットする方法です。


プレカット工場には大きなトラックが入るので

一度に木材を効率よく運搬できるというメリットがあると聞き、

二つの方法を検証することにしました。


外壁材や床材は九州でもあまり価格差を気にせず使えそうですが、

課題は構造材なのです。

もちろん関東から大阪辺りまではそれも問題なさそうですが。


f0168167_17553868.jpg

by yawaraka-house | 2011-10-25 15:54

お恥ずかしい話ですが・・・


やっとシンガーソングライティングした歌の作詞作曲が

ほぼ出来上がりました。

ボイスメモに入れた歌を持って

知り合いのギタリストと今夜ミーティングです。

恥ずかしいけれど意外と真剣です。


ギタリストの本職はカメラマン。昔からの仕事仲間で、

相談したら気持ちよく相手にしてくれました。

ちょっと無謀な話ですが、どうしても演奏をつけてもらい

YouTubeで配信したいと考えています。


この歌は、仮設住宅本を作る際に取材した南三陸町で聞いた

あるお婆さんの話が元になっています。

帰る場所を無くしたツバメが

黒い塊になって空を飛んでいた、という話です。


「ツバメよ 何を探し 空を飛んでいるの?」という歌い出しです。

下手なボーカルですが、

カメラマンに上手く編曲してもらい

完成したらYouTubeで配信します。


f0168167_1814739.jpg

by yawaraka-house | 2011-10-24 15:30

仮設住宅本が紹介されています!

それは、このサイトです。

by yawaraka-house | 2011-10-24 02:16

いつも豊かな選択肢を!


本日は建主さんお二組と予算の打合せ。

理想と現実の間で、より理想に近く、よりリーズナブルに!を

目標に頑張りました。

そこでも安易に仕様を下げないことが大切だと考えていて、

オープンな議論の中で豊かな選択肢となるように

コーディネートしていきます。


f0168167_1803687.jpg

by yawaraka-house | 2011-10-23 17:09

住宅のメンテナンスを考える


完成した後の住宅のメンテナンスや定期点検に関して考える機会があった。


経験豊かな工務店で、しかも自然素材を使うことや、

床下の乾燥にこだわる会社ならば、

あまり薬剤を使ったシロアリ対策は行わない。


そうなると一年に一回六月くらいに

蟻道の目視確認などを行うことになる。


従って毎年の春の目視点検と

五年に一回くらいの建物点検でいいように思う。


こんなニーズを確認するためのワークショップを開きたいなあ。


f0168167_16153241.jpg

by yawaraka-house | 2011-10-21 11:49

ローテク&パッシブへ

本日の打合せの最中に、建築家が「これからはエコを

意識しないデザインなんてあり得ないと思う」と言うと、

建主さんも、深く頷いていた。


このプロジェクトも最初はRCで検討していたのだけれど

木造で詰めていくことになった。


時代は、ローテク&パッシブへ。

みんな、かなり意識しているんだと思う!

良いことですね。


f0168167_1818833.jpg

by yawaraka-house | 2011-10-20 17:11

僕らは、世界のどこにだって家を建てることができる。


その気にさえなれば、世界は一変する。

それを教えてくれたのは〝建主さん〟だった。


テレビコマーシャルの世界で育った僕らは、いつの間にかいろんな

常識を身につけた。


家はきちんと分譲された団地で買うモノ。

なるべく手入れの要らない合理的な建物がいいらしい・・・。


だけれど、何の先入観もない〝建物さん〟が登場し、

そんな常識を覆していく。


本当に造りたい我が家は、家族みんなの気持ちを見つめながら

シンプルに造っていけばいいんだ、と。


その気にさえなれば、僕らは世界のどこにだって家を建てることができる。


僕らは自由だ。自分たちの心の中にある我が家を形にしていく時、

家族は一つの物語を紡ぎ出す。どこで暮らそうか、どんな風に楽しもうか。


その生活基地が、家なんだ。


f0168167_191614.jpg

by yawaraka-house | 2011-10-19 15:18

こどもはうす


本日は『こどもはうす』の企画書を作成しました。

これは「素人でも組み立てられる地域材を使ったグッドデザインの小さな家」です。

いざという時に仮設住宅にもなる小さな家。

各地でワークショップを行い、これを開発していきたいと構想しています。

明日はその仲間との打合せ。仮設住宅本が販売されたら、それと連動してこの活動をしていきます。

何だか楽しそうだと思われたら企画書を送りますので、気軽にお声かけください。

地域の森林組合やDIYショップ、工務店、家電販売店、自治体などとコラボレーションできればと考えていま

す。


f0168167_18424052.jpg

by yawaraka-house | 2011-10-18 18:34