<   2012年 03月 ( 4 )   > この月の画像一覧

最初のヒアリング

家づくりコーディネーターヒアリングでの大切なポイントは、

第一に信頼関係の構築の一歩目を築くことにあります。

ヒアリングはコミュニケーションの入口であり、

持続的に続く人間関係の始まりなのです。そこでは、

ニーズを確認するとともに、建主が何をどのレベルで求めているの

かの価値観を知る必要があります。

そして、その価値観に応じてヒントを出すこと、

価値観に反する事例もあえて提示すること。

その時の反応を見ることで、価値観の深さを感じることができます。

注意深く、冷静に、そして笑いを引き出すこと。

よく出来たコメディのように。

このような心理的アプローチを行うことで、

建主さんの実像が見えてきます。

そのステップで、この人はさらなる価値観の向上を

自分自身に対して願っていると感じたら、

共に学びながらのスタンスで、本当に探している家づくりへと

進んでいけばいいのだと思います。

最初のヒアリングの時に、このような未来の広がりを意識しておくこと。

そこから、『豊かな選択』がスタートしています。

by yawaraka-house | 2012-03-21 11:13 | 家づくりコーディネーター養成

地域型住宅づくりへ

国土交通省が地域型住宅を打ち出していきます。

もう数年前に私は地域スタイルの家と呼んで取り組みを

スタートさせましたが、

足並みを揃えるのは難しいことが多かったのです。

ですが、元々社名がプロトハウスというくらいですから、

住宅のプロトタイプを創るのが大好きなので、

原点に戻り、地域型のプロトハウスを開発していきたいと考えます。

ただしすべてパッシブです。

地域の風と光を感じる家づくり。今月は工務店向けのセミナーが

二回あるので、その資料づくりの真っ只中。

さあ、いい家づくり頑張りましょう!

by yawaraka-house | 2012-03-13 10:37 | やわらかな家づくり

毎日新聞で紹介されました


先日取材を受けた記事が毎日新聞に掲載されました。

仮設住宅をめぐる活動が紹介されています。

3月2日の毎日新聞西部版夕刊です。


f0168167_18573171.jpg



仮設住宅に関しては、その建築システムそのものを根本から

見直す必要があると考えていて、それを研究開発する

団体の立ち上げを考えています。

新聞では、昨年11月に書籍として発表した『これなら住みたい仮設住宅16プラン』

のことも案内してあります。


f0168167_1858770.jpg



もうすぐ3.11から一年が経過しますが、復興計画もなかなか

策定できないのが現状です。そんな状態ではありますが、

自然の脅威は待った無し! 本当に必要な防災システムの構築は

急務であり、そこで果たす仮設住宅の役割も大きいのです。

先日は『これなら住みたい仮設住宅16プラン』を読まれた

県会議員の方から取材を受けましたが、福岡県に対し

仮設住宅に関するガイドライン作成の参考にされたいという

ことでした。役に立てばと思います。

まだまだ微力ですが、一歩ずつこの活動が推進できればと思います。

by yawaraka-house | 2012-03-05 17:22 | マザープロジェクト

3.11を風化させないための歌を作りました。


去年の6月に南三陸町に行ったときに出会ったおばあちゃんから

聞いた話を元に、こんな歌を作りました。3.11を風化させない

ための歌です。仲間のカメラマン(編曲とギター)の力を借り

2月29日深夜にレコーディングしました。スタジオのエンジニア

の方にも大変ご協力をいただき、素人ですが、自分たちなりに

納得できるものとなりました。

ぜひ、多くの方にお伝えいただき、3.11を風化させないよう、

みんなで大きな輪を作りましょう。

歌の題名は『TSUBAME(つばめ)』

you-tubeにて「TSUBANE.mov」で公開しております。



by yawaraka-house | 2012-03-02 17:28 | マザープロジェクト